本記事は、トリマーの方々によく読まれているようで、それが根強い人気になっています。

 本日は、その特別版として、あるトリマーの方から寄せられた意見を紹介することにしましょう。

 1.光マイクロバブルP4の評判

 「現在、さまざまなシャンプーマシンがあるなかで『光マイクロバブルP4』の評判が一番よいので、ぜひ試してみたいと思いました。

 また、東京のエリールなどでセミナーをなされていることも、この装置のことを知るきっかけとなりました」

 2.フェイスブックにも感動

 「フェイスブックのページのフォローもさせていただいているので、そこで紹介されている研究成果やモノづくりに対する姿勢に胸を打たれました」


 3.確かめてみたいこと

 「光マイクロバブルの性能については、これまでの研究成果やトリマーさんたちによって実証されていますので、シャンプーの性能を最大限に引き出すことを工夫してみたいと思います。

 とくに、シャンプーの希釈量や使用時間に関してもっともよい値を見つけたいと思います。

 また、その試験を通じてワンちゃんの状態に合った使用方法、使用時間の目安を定めていきたいと思います」
 

 非常に積極的で、光マイクロバブル技術のことをよく理解されようとしている方のご意見だと思いました。


 まず、「
『光マイクロバブルP4』の評判が一番よい」という評価をいただき、ありがとうございます。

 この装置は、光マイクロバブルP4については、特別の宣伝をしたわけではなく、使用されたトリマーさんを通じて、その良さが口コミでじわじわと広がり、今の評判を得るに至っています。

 その第1の特徴は、今度新たに店を出すので、ぜひとも光マイクロバブルP4を導入したいといって購入される方が徐々に増えてきたことです。

 その理由は、抜群の洗浄力・温浴力によって、ベテランのトリミング力に相当する作用効果を発揮できることにあります。

 また、他の洗浄・温浴装置と比較して、その価格が1/4~1/3以下という低価格が気に入られています。

 私どもは、光マイクロバブルP4を購入されたトリマーのみなさんの仕事が上手くいくことを最優先にし、長い付き合いをしたいと思っていますので、その価格設定を行うことができました。

 第2の特徴は、ベテランのトリマーさんたちが何人か集まって、光マイクロバブルP4を購入されたトリマーの方と一緒になって、その性能や使用方法を検討されていることです。

 このようなトリマーさんは非常に研究熱心であり、私どもの光マイクロバブルP4技術の研究成果をよく勉強されています。

 この集団の検討によって、その善し悪しはすぐに明らかになりますので、そこで光マイクロバブルP4は、本当の試練を受けることになり、それを乗り越えていくのです。

 それから、この方は㈱ナノプラネットのフェイスブックの記事もよく読まれているようで、じつに頼もしいかぎりです。

 私どもも、松林智宣(国東市在住のトップトリマー)さんをはじめとして著名な日本を代表するトリマーのみなさんと実際に付き合っていくなかで、ワンちゃんの洗浄と温浴に関する研究を実践的に行っていくなかで、たくさんの解明を行うことができました。

 これは、今尚持続していることであり、ワンちゃんの洗浄と温浴に関する奥深い究明を試みる予定ですので、全国のトリマーのみなさん、どうか、よろしくお願いいたします。

 さて、よい機会ですから、私どもが、この光マイクロバブルPシリーズの開発に取り組むようになった動機の一つを明らかにしておきましょう。

 それは、あまりにも「稚拙」で「いい加減」な商品を、しかも考えられないほどの高額で売りつけているという困った問題を目にしたことでした。

 私は、1995年に今の光マイクロバブル発生装置を開発し、それを広く明らかにしました。

 この時、次の選択を迫られました。

 ①装置の価格を低くし、世の中に広く普及できるようにする。

 ②装置の価格を高くし、その適用対象を限定しながら徐々に広げていく。


 当時の私は、高専の教員で国家公務員でしたので、その立場も考慮して上記の①を選択することになりました。

 この意図は、それを標準(スタンダード)にして世の中の「常識」とすることでした。

 その結果、何が起きたかといいますと、みんさんが安い安いといって喜んで購入するようになり、一斉に光マイクロバブル研究が広がっていきました。

 なかには、ちゃっかり、その成果を黙って特許化して、そ知らぬふりをする企業も現れました。

 また、困ったことに、まがい物の装置を造って、私どもの装置と同じ作用効果があると厚かましく宣伝する企業まで出てきました。

 つい最近も、ある企業では、その創始者の私を宣伝物に搭乗させて売り込みを行っている事例も知らされました。

 もちろん、私の了解を得ているわけではないので、目に余る場合には、それを是正していただきます。

 これに関連して、私が一番危惧していることは、マイクロバブルやナノバブルを魔法のように何でもできると喧伝し、その科学的本質を偽り、「ニセ科学」として悪質な売り付けを行っている商法がまかり通っていることです。

 これについては、これから、個別の検討を行い、宮沢賢治がいったように、「そんな悪質なことは止めなさい」といって周る必要がありますね。

 じつは、これと同じことがペット業界においても起きていました。

 私が、松林さんと初めて会ったときに、そのことを実際に聞かされました。

 「トリマーのみなさんは、『マイクロバブル』について、そんなに悪い印象を抱かれているのですか!それはいけませんね。マイクロバブル技術の創始者としては、その固定観念を拭って修正していかねばなりませんね」

 かれは、「ぜひお願いします」と返答し、ここからかれとの協力共同が始まりました。

 広く使用され、トリマーのみなさんの生計が確保され、ワンちゃんも飼い主さんも喜ぶ、これが世の中に普及するかどうかの鍵であり、スタンダード化の要石になります。

 これから、光マイクロバブルPシリーズは、どんどん進化していきますので、どうかみなさん、長い付き合いをよろしくお願いいたします、

 上記のご意見を寄せいていただいたトリマーさん、上記の究明をぜひとも試みられてください。

 私どもも支援を惜しみませんので、よろしくお願いいたします(つづく)。

 
wann-
      光マイクロバブルP4を用いたマイクロバブルフォーム洗浄・温浴法