今度、下記の要領で開催される東京でのセミナーの案内に関する解説の続報です。

 ●日時 2019年10月25日(金) 10:00-16:40
 ●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階 F会議室

≪未来を切り拓くイノベーション戦略≫

光マイクロバブル技術の核心と展望

~新たな「命と健康の『ものづくり』」をめざして~


セミナー内容

2.光マイクロバブルと光マイクロバブル水
  2-3 光マイクロバブルの物理学的特性
  2-3-1 自己収縮運動(マイクロバブルからナノバブルへ)

  2-3-2 負電位特性(収縮しながら負電位を増す特異な現象)
  2-3-3 自発光現象(収縮しながら何度も発光を繰り返す)
 2-4 光マイクロバブル水の化学的特性
  2-4-1 ふしぎな水、光マイクロバブル水とは何か
  2-4-2 高温高圧化による化学反応特性
  2-4-3 光マイクロバブル超臨界現象(新提案)


■解説:

 今回は、光マイクロバブルと光マイクロバブル水の物理化学的特性について解説しておきましょう。

 これらの両特性は、光マイクロバブルの核心部分に相当していますので、その理解が可能になるかどうかで、光マイクロバブルのことがよくわかるかどうかの分かれ目になります。

 これらは、光マイクロバブルの科学的研究によって徐々に明らかになってきたきた特性ですが、まさか、そんな特徴があったのかと驚き、思い知らされることがいくつも損座していました。

 まずは、光マイクロバブルが自分で小さくなっていく現象です。

 この光マイクロバブルの収縮現象が発見されるまでは、多くのみなさんが気泡は膨張して大きくなっていくものと思われていました。

 この常識を打ち破るには、その収取運動を可視化して時系列的に並べて見せることがとても有効でした。

 この自己収縮を遂げていく光マイクロバブル、これが最初の重要な差別的特徴であり、ここから光マイクロバブル特有の性質が生み出されることになりました。

 次に、この収縮運動を追跡していく過程で、負電位が増加することが明らかになりました。 

 これは、気泡内の圧力が増加していることも示していますので、この両者から、その収縮する光マイクロバブル内で熱エネルギーや圧力エネルギーが増加していることを示唆させていました。

 その結果として、この気泡が発光するというおもしろい現象も見出されました。

 文字通り光るマイクロバブルが存在していることで、「光マイクロバブル」という命名がなされたわけでもありました。


 しかし、ここで重要なことは、光マイクロバブルが収縮して、その最後に光のエネルギーを発生させるという単純な現象ではないということをよく認識することです。

 最後にバブルが圧壊して光を発し、爆発するという単純な推定は、実際の現象を観察しないで、単純に超音波現象で先行的に明らかになされていた現象を機械的に当てはめただけのことなのに、このウソを信じてしまう方が多くおられました。

 私どもは、この光マイクロバブルの連続発光、すなわち、光マイクロバブルの収縮過程で何度も発光する現象の存在を実際の動画においてしっかりと確かめていますので、当日は、その解説を詳しく行う予定です。

 この収縮運動と負電位、そして発光の三者に関する物理学的相関関係についても、より詳しく、そしてやさしく理解していただく解説も試みることにしましょう。

 次は、光マイクロバブル水の化学についてです。

 光マイクロバブル水の定義を明らかにし、その特徴について詳しく分け入ります。

 平易にいえば、光マイクロバブル水とは、光マイクロバブルの物理化学的特性が発揮された反映であり、その特性の結果が水の中に溶け込んだものと考えてよいでしょう。

 この光マイクロバブル水の化学的特性における核心部分は、光マイクロバブルの内部において化学反応が生起するかどうか、生起するとすれば、それがどのような反応を示すのか、を明らかにすることです。

 そして、さらに重要な本質は、その化学反応合成物において、いかなる革新的機能性を発揮できるかにあります。

 ここが単なるバブルではない、光マイクロバブルの最も重要な科学的特徴なのです。

 本番では、その難しい性質をやさしく解説し、そのおもしろさを十分に明らかにすることにしましょう(つづく)。

magari-5
               曲がってしまった通路