先日、大分空港の傍にある里の駅「武蔵」に立ち寄った際に、新鮮なもぎたてのイチジクを見つけました。

 旬の珍しい果物としておいしそうだったので一パックを購入しました。

 この里の駅は、地元の農家と組んで新鮮な野菜や果物が売れられていて、お客さんも多く人気の店となっています。

 また、ここの弁当は「夢工房」という弁当屋さんが仕出しををしており、これも人気で、私どもも時々買いに行っています。

 ただし、いつも店頭に並ぶのが12時半過ぎなので、その時刻に合わせていかないと売り切れてしまいます。

 さて、購入したイチジクの写真を示しましょう。

 一パックのなかに4つの大きなイチジクが入っていて350円でした。

 写真には3つしか写っていませんが、写真を撮る前に1つ食べてしまいました。

 
itijiku
                  イチジク

 新鮮イチジクの味はどうでしたでしょうか?

 完熟の手前で、若い味といいましょうか、さらりとした味がよく、とても食べやすいものでした。

 これを1日1個の割合で、夕食後に楽しくいただきました。

 
偶には、このような旬の果物もいいですね(つづく)。