第4のエピソードは、次の4つの視点を明らかにしたことでした。

 これらは、今となっては当たり前といってもよいことですが、これをきちんと明らかにして、堂々と示すことには小さくない意義がありました。

 ①高専30年の総括を踏まえて

 ②高専成長論の立場に立って

 ③高専危機論の解明を踏まえて

 ④運動論の視点を踏まえて


 ①では、高専の30年を振り返って、高専の当局者たちは、なにか矛盾が深まると高専の制度論を検討することに終始してきただけで、その矛盾を高専の内部から根本的に解決してこなかったことが指摘されています。

 また、多数の高専があるなかで、一つでも優れた実績を示すことができた高専が輩出しなかったことには小さくない問題があり、そこには、高専を持続的に発展させる方法が明らかにされていなかったことが指摘されています。

 ②では、高専を持続的に発展させるために、その長所をより生かしていくことが強調されています。

 そのために、次の根本問題の克服が明記されています。

 「高専における根本問題は、『校長先決体制』のもとで自治意識の成長を阻害され、高等教育機関でありながら、教育と研究を分断する様々な論理が持ち込まれたことにあり、唯一開かれていたいたのは、大企業を中心とする学生供給の道であった。
 
このことは、卑屈なまでに高専を保守的、閉鎖的にし、高専生の自主性、創造性を欠如させる傾向を促進させた」

 これについては、誤解が生じないように、より詳しい解説を加えておきましょう。

 「校長先決体制」とは、高専内のすべての権限を校長が持ち、教職員や学生の自治の一切を認めないという前近代的な思想の下に、この権限を徹底させる教育運営体制のことであり、この弊害によって高専教職員や学生の自治意識が萎えてしまうという弊害的特徴を有しています。

 また、高専は高等教育機関でありながら、研究機関としての認知を受けていません。

 高専生、専攻科生、教員が、いくら素晴らしい研究を行っても、それは教育機関における行為なのです。

 しかしながら、教員の昇格においては、高レベルの研究実績が問われるのです。

 実際、日々進歩していく科学技術の成果を取り入れて研究を行っていかないと、卒業研究や専攻科の特別研究の指導は、すぐに時代遅れになってしまいますので、良心的な高専教員は、常に専門研究に勤しむ、これが自然の姿なのです。

 ところが、高専の運営においては、この教育と研究の分断がさまざまな形態で持ち込まれます。

 教育は平等に校務分担、研究は個人でやれ、このような乱暴な意見が幅を利かせ、本科性の卒業研究や専攻科生の特別研究の指導をきちんと評価しないのです。

 高専生の就職先については、もちろん本人の希望によって決められるべきものです。

 その実態においては、その大半が大企業に就職しており、地元の中小企業に就職する事例はほとんどありません。

 ②の視点は真に重要であり、この明確化は初めてなされたことでもありましたので、画期的な意味がありました。

   ここでは、いわゆる短所是正のことは一切指摘せず、長所のみを持続的に伸長していこうという認識が示されたことが重要でした。

 たとえば、高専の校長がよく指摘していた「高専マイノリティ論」というものがあります。

 高専は、きわめて少数だから、いくら声を大にしていっても届かないという主旨の主張です。

 ここには、最初からある種の諦めがあり、逆に、その不利を有利にするまでのアイデアの巧みさが不足しています。

 少々の不利はあっても、それを跳ね返して逆に有利に昇華発展させうるアイデアの創出を図る、ここに本質があります。

 高専教育における最大の長所は、まじめに築き上げてきた実践j的技術のノウハウを発展させて、そこの豊かな創造性を付加していくことを可能とする条件整備がある程度できていることにある。

 そのことは、今日のロボコン、プロコン、デザコンの発展ぶりを観察することで認識できるでしょう。

 ここには、その見事な昇華の姿があり、それが多くの人々によって受容されています。

 この視点の明確化は、高専の全面的で持続的な発展をめざすために、その長所をどこまでも伸ばしていくという方法論を含めて非常に重要なものでした。

 そして、この高専における長所伸長論になかに、「高専生の創造性を豊かにする」課題も含まれていたのでした。

 さて、ここまでに紙面を長く使用してきましたので、上記の③と④
については、次回において論及することにしましょう
(つづく)。

ageha
モンキアゲハ蝶