すっかり這い這いが上手になって、床の上を動き回るようになりました。

 なにか目当てをしているときは、そこまで進みますが、その当てがないときは、数歩進んで、すぐに座り込み、辺りを見渡して、また這い這いで進むことを繰り返しています。

 表情もよくなってきて目が合うとニヤッと笑います。

 また、声を出すと気持ちがよいのでしょうか、時々大きな甲高い声を張り上げています。

 元気のよい男の子ですから、徐々に動きが速くなり、常に動き回るようになりました。

 これは抱かれているときも同じで、常に動き回るか、関心のあるものを仕向けないと、満足できない仕草を示します。

 最近は、三食離乳食だそうで、大好物はトマトだと聞いています。

 ヨーグルトも好きなようで、徐々に太ももも引き締まってきました。

 手を差し出すと捕まり立ちができるようになり、これも近々自分でできるようになるでしょう。

 ユッツ家では、手作りの小型滑り台が、まもなく登場するようで、これを掴んで独り立ちができるようになり、そのうち、その滑り台を登っていくことでしょう。

 離乳とともに、運動機能が発達し、脳が鍛えられていくのでしょう。

 毎日の何千回、何万回という繰り返しの運動のなかで脳が発達し、やがて自立へと向かうのでしょう。
 

 写真は、中庭での初めての水遊び、とてもご機嫌でした。

(つづく)。

yuttu0727
ユッツ