今度、下記の要領で開催される東京でのセミナーの案内において、少し解説を加えておきましょう。

 ●日時 2019年10月25日(金) 10:00-16:40
 ●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階 F会議室

≪未来を切り拓くイノベーション戦略≫

光マイクロバブル技術の核心と展望

~新たな「命と健康の『ものづくり』」をめざして~


セミナー内容

1.光マイクロバブルの深い「謎」
 1-1 光マイクロバブルとの遭遇
 1-2 光マイクロバブルの「吃驚現象」と「謎」
 1-3 光マイクロバブルの試練
 1-4 光マイクロバブルは「未来材料」

■解説:

 私は、今日でいう「光マイクロバブル」に出会うまでに約15年を費やしました。

 最初は、1980年代の初めにおいて、下水処理タンクにおいて空気を曝気させる装置を開発することから始めました。

 当時は、マイクロバブルという用語が広く使われおらず、それに類似した用語として「微細気泡」がありました。

 この気泡のサイズは、せいぜい直径が1~2㎜であり、これを大量に発生させることが課題だったのです。

 化学や化学工学の研究者や技術者を中心にして、この微細気泡の開発が盛んに行われていたそうです。

 私も、実際に下水処理プラントで採用されている曝気装置のいくつかを実験してみましたが、その大半は数ミリメートルのサイズのものが多く、これをどう微細化するか、に関して、よく頭を捻っていました。

 そして、その微細化において、それを一桁下げて0.1~0.2㎜程度の微細気泡を発生させることを開発目標に設定しました。

 その観点から、既成の装置のもろもろを調べてみましたが、その目標の達成がかなり容易ではないことが徐々に明らかになっていきました。

 0.1~0.2㎜の微細気泡とは、100~200㎛の気泡のことですから、それは紛れもないマイクロバブルだったのですが、その開発は、文字通りの「暗中模索」であり、結果的には、その歳月において15年を要してしまうことになりました。

 言い換えれば、暗中模索の15年を経て今の光マイクロバブル発生装置が完成していくことになりました。

 なぜ、15年もの暗闘が続いたのか?

 それには、次のような基本問題があったからでした。

 ①光マイクロバブルの発生原理そのものが不明であったことから、その微細化、マイクロバブル化においては試行錯誤を余儀なくされた。

 ②光マイクロバブルの発生装置が世界中のどこにもなかったことから、独自の開発に挑むしかなかった。

 ③光マイクロバブルと光マイクロバブル水の基本的性質がわからず、未知の新物質を探索することになった。

 ④そのために、光マイクロバブルの性質が優れているかどうかは不明であり、それにおいて革新的機能性が発揮できていなかったら、唯の小さい泡でしかなかった。

 
 今から想えば、よくもまあ、このように不確かなものを相手にしたなともいえそうですが、これにはふしぎな魅力があったのでしょうか。

 結果的に直径が数mmの微細気泡から出発して、直径数十㎛のマイクロバブルに到達するまでに約15年の歳月を費やすことになってしまいました。

 この15年の歳月の重みは、それだけ、誰も思いつかず、探し出すことが難しかったことを意味しているように思われます。

 この光マイクロバブルを世に生み出したこと、これを湯川秀樹先生流にいえば、これこそ「創造性の発現」といってよいでしょう。

 この発現を経て、私の光マイクロバブルとの数々の遭遇が始まります。

 それは驚きの連続であり、その「吃驚現象」に出会う度に「光マイクロバブルの謎」は、どんどん深くなっていきました(つづく)。

DSC_0780
                    柳の小径