私が示した「たたき台」は、かれのやりたいことを、必ずしもよく理解して作成したものではありませんでしたので、かれの構想と大きくずれてしまった部分もありました。

 しかし、それが、かえってよかったのでしょうか。

 当初は、かれ自身の構想を尊重することにして議論を進めていましたが、それでは何となく物足りなさを感じていましたので、こう切り出しました。

 「どうでしょうか、あなたの考えていたことをより発展させるには、私の提案を加えるのもよいと思われます。

 より一層、この研究開発の中身が充実してきますので、その方が採択されやすいのではないでしょうか」

 こういうと、かれは、それをすぐに理解できたようで、結果的に2つの構想を結合させた研究開発案ができあがりました。

 ここまで煮詰めると、後は書くだけ、書くことに関しては私の方がキャリアが豊富ですので、その手助けを分担することにし、残りの予算などに関しては、かれと私の相棒の担当という振り分けを行いました。

 この時点で3者の緊密な連携が可能になり、文字通りの「ゆけむり連携」がさらに「もう一歩」進むことになりました。

 この経験を振り返ってみますと、少々高額の補助金を申請する場合、それを上手く書くことはなかなか大変であり、そこに付けこんだのでしょうか、最近は、その申請書づくりを行なうコンサルタントまで出てきました。

 先日も、ある計測器メーカーの写真が、補助金申請を勧めにきた際に、次のようにいっていました。

 「みなさん、申請書づくりが大変だとよくいわれます。

 しかし、心配はありません。

 私どもは、よいコンサルを知っていますので、そこに書いてもらいます。

 そうすると、採択率がドーンと上がりますので心配いりません」

 真に余計なお世話ですが、このように業者が、自社製品を売り込むために、このような斡旋を行う事態にまで至っているようです。

 因みに、ここに依頼して採択されると補助額の20%を支払うことになると聞きました。

 20%ですから、たとえば1500万円の補助金総額ですと、そこに支払う金額は300万円にもなりますので、これはなかなか小さくない金額といえます。

 世の中には、このようにして「上手く(?)儲けよう」とする方が出てくるようであり、真に困ったものですね。

 聞くところによれば、ある執筆代行コンサルにおいては、一度に100件近くの申し込みがあり、その採択率は85%だそうで、そうなると仮に補助金額を2000万円とすれば、その収入は3.4億円にもなります。

 これは、好ましい、好ましくないは別にして、ビジネスが成り立つ話のようです。

 なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。

 その理由は、かなり要点を絞って「必要事項」を書かねばならず、それには、かなり専門的な識見が要求されることにあります。

 長年、この種の申請を行ってきましたが、その書く自由度がかなり減り、字数を減らして、その要請にしたがって書き上げることになりますので、相当の熟練がないとなかなか無理ではないか、と思うようになりました。

 しかし、それでも申請者側は、なんとか努力を重ね、それに十分に対応できるように修練していかねばならないことは明らかであり、それには、とにかく、申請書づくりに何度も挑戦して努力を重ねるしかありませんね。

 そして、申請後は、その結果を楽しみながら待つ、これが申請者側の特権ですから、それで心が幾分か豊かになれるのですから、それはそれでよいのではないかと思います。

 こうして、大型連休前に最初の申請を済ませ、その疲労が連休半ばに回復し、そして、その後半からは、その申請支援を行うことになり、いつのまにか長かった10連休が終わってしまっていました。

 結局、10連休で何をしたのか。

 今振り返れば、その2つの申請で、いつのまにか時が早く過ぎていったように思います。

 しかし、そのなかから、いくつかの新たな「開発概念」が生まれてきました。

 それらは、「命と健康の『ものづくり』」における「生活リハビリ」と「植物活性」に関することでした。

 この貴重な「概念づくり」の結果は、補助金の採択・不採択とは関係なく、非常に貴重な「宝物」的財産のようなものであり、それを得たことは、この連休における小さくない成果ということができるでしょう。

 それらが、今後に、きっと生きてくるはずです。

 時が過ぎれば、「平常」がやってきます。

 この間、疎かになってしまった緑砦館における作業もかなり残ったままですので、そこで貴重な汗を流すことにしましょう。

 また、昨日は、しばらく中断していた週に一度の「組み立て作業」を行い、手足をよく動かしました。

 いよいよ5月になり、陽気がよくなりましたので、また一歩前に進む時がやってきそうです(つづく)。 

hago-5
ハゴロモジャスミン