serorinosinnba
セロリの新葉


 今年は、セロリが豊作です。

 秋ごろから、セロリの苗を、せっせと購入してきました。

 合計で約250株、これらを育ててきました。

 緑砦館内部がまだ暑いときに、このセロリの苗が丈夫だったので、これを移植し続けたことがよかったのだと思います。

 そのセロリの背丈が最大で70cm近くなってきました。

 同時に、セロリ特有の、あのミルクの匂いが漂うになってきました。

 今年の9月には、内孫が生まれましたので、その赤ん坊とミルクの匂いとよく似ています。

 また、そのセロリの成長と同時に、その中心部から、新たな葉っぱがどんどん出てくるようになりました。

 これは、セロリが元気で新陳代謝を行っている証拠でもあります。

 先日は、このセロリを鍋に入れてしゃぶしゃぶ風でいただくことができました。

 生でもおいしく、ポテトに包んで食べるとよりおいしく、そして鍋にいれるとより甘味が出て食感もよくなる、これが緑砦館セロリの特徴です。

 そして、今年の正月は、このセロリが新鮮野菜の主役を担うでしょう。

 これを元気に食べる孫たちの姿をみたいものですね(つづく)。