国東安岐港の市場に行って、朝獲れの天然車エビを買ってきました。

 新鮮で、よく太っていました。

 その写真を示しましょう。
 
kurumaebi
車エビ


 全部で13尾、色もよく旨そうでした。

 「やはり、この生きのよさだと、刺身だよね」

 「そうですよ、刺身が一番ですよ」

 しかし、家族の一人は、これを天ぷらにしたいといっていましたので、両方でいただくことにしました。

 丁度お客さんが来られたこともあり、その刺身を出していただきました。

 もちろん、そのお客さんは大喜びでした。

 私も、少しお相伴にあずかりました。

 甘く、最高水準の旨さであり、さすが国東の天然の味だと思いました。

 かつては、これよりも大きなサイズの天然車エビが多く獲れたそうです。

 この味は、その往時を偲ぶ味ではないかと思いました。

 さて、気になる値段ですが、全部で1242円、一尾当たりは96円でした。

 新鮮度、味、色、太り具合を考慮すると、都会では一尾数百円はするでしょう。

 久しぶりにいただいた天然車エビの刺身、みごとな味でした(つづく)。