国東安岐港の魚市場に行きました。

 形の良い、そして肉付きのよい鯛がありました。
 
tai-55


 体長42㎝、立派なサイズの鯛です。

 鯛本来の赤い色ではなく、やや黒っぽい色を呈しています。

 さて、その味はどうか?

 お客さんと一緒にいただきました。

 いつもの鯛の味よりは、やや柔らかく、しかし、弾力があり、ぷりぷりしていました。

 噛むほどに甘みと旨みが出てきて、これは最高水準の味だと唸りました。

 「こんなおいしい味の鯛は久しぶりですね!」

 お客さんと一緒になって舌鼓を打ちました。

 おまけに格安で、このおいしさを考えると、「こんなでよいのか」とさえ思うほどでした。

 豊かな国東の海の幸、お客さんも喜ばれていました(つづく)。