先週の木曜日の18時から、第3回「光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。

 第3回のテーマは、「光マイクロバブル技術の特殊性」でした。

 光マイクロバブルを発生させる技術は、他のマイクロバブルあるいはナノバブルを発生させる技術と異なっていて、いわば特殊な技術としての認識が重要です。

 そのことを理解していただくために、次の4つの指標を示したスライドを用意しました。
 
2018-11-10 (2)


 それらの識別指標をより詳しく説明しましょう。

 ①収縮する気泡か、それとも膨張する気泡か

 水中における気泡は、常に変化していますので、それを小さくなっていく気泡か、それとも大ききなって行く気泡かで分別することができます。

 大半の気泡は、後者の方で、大きくなって水面にまで浮上して消えていきます。

 ところが、直径65㎛以下の超高速旋回式装置によって発生させられた光マイクロバブルは、これとは反対に小さくなっていきます。

 その意味で、光マイクロバブルは他のマイクロバブルとは異なる重要で固有の特徴を有しています。

 また、ナノバブルについては、動的に変化するという観察はなされていないようであり、静的にしか把握されていません。

 したがって、それが膨張するのか、さらに小さくなるのかは不明のままです。

 おそらく、ナノバブルは、光マイクロバブルほどのダイナミックな挙動を有していないのではないか、これが私の現段階における推察です。

 これに対して、収縮を繰り返すことができる光マイクロバブルは、非常にダイナミックで、その自己運動によって活力を増進させる、すなわち自らエネルギーを蓄積・増進させることができます。

 ここが光マイクロバブルのすごいところであり、ここに注目する必要があります。

 ②負電位が大きいか、小さいか

 光マイクロバブルのほとんどすべてはマイナスに帯電しています。

 しかも、それが小さくなればなるほど大きくなるという性質を有しています。

 これに対して、他のマイクロバブル装置で発生したマイクロバブルは、その負電位の値が小さく、その違いは2~3倍も違います。

 周知ののように、この値(絶対値)が大きいとプラスに帯電している汚れにくっ付きやすく、その汚れを洗浄する力を発揮できるのです。

 この力は、すでに、洗浄の分野で広く使用され、大活躍しているのが光マイクロバブルなのです。

 ですから、光マイクロバブルは、負電位が大きいという他のマイクロバブルにはない重要な特徴を有していて、これが固有の特殊性なのです。

 ここで、もう一つ非常に重要なことを述べておきましょう。

 それは、光マイクロバブルが収縮していくと、その体積が減少することから、それに伴って、その負電位の絶対量も減少していきそうですが、そうではなくて、収縮していきながらも、その負電位の絶対量を維持していることです。

 これはとても重要なことで、その直径が小さいと負電位の量も低下する他のマイクロバブル(たとえば加圧溶解式発生装置)とは大きく異なる特性を示しているのです。

 すなわち、このことは、光マイクロバブルの場合、単位体積当たりの負電位の絶対量は、その直径が小さくなるにしたがって急増していくということなのです。

 ですから、直径が小さくなっても負電位の絶対量を維持できるのです。

 これは非常に重要な特徴であり、他のマイクロバブルにはない特殊性なので、今後も注目していきたいと思います。

 ③発光するか、しないか

 なぜ、光マイクロバブルは発光するのか、これは極めておもしろい現象です。

 世の中には、光るものがたくさんあります。

 たとえば、ロウソクや星、太陽もその一つです。

 これらは、光ると共に熱も発しています。

 おそらく、光マイクロバブルの発光も、この熱の発生によって生まれたのではないかと思っています(専門用語では、熱励起現象と呼ばれています)。

 さて、光マイクロバブルの詳しくは、「光マイクロバブル技術の基礎」のシリーズで解説中ですので、こでは省略します。

 ④超臨界状態に達するか、それとも達しないか

 これも非常におもしろい話です。

 しかし、いきなり「超臨界」といわれても、その意味がよく解らない。

 これはむしろ当然のことなので、これから、徐々に解説していきますので、現段階では、そのような用語があることだけの理解でよいですよ、といっておきました。

 次回は、11月15日(木)18時から、大成研究所セミナー室(TEL:0978-97-2123)で開催することになりました。

 国東・大分の若者、そして全国の若者のみなさん、途中からの参加でもかまいませんので、国東下村塾生になって、ご参集くださることはいかがですか。

 ご検討をよろしくお願いいたします。

 楽しい手作りの夕食会もありますよ(つづく)。

mari-1105-3
ますます黄色が濃くなったマリーゴールド