昨日は、朝から家族にめでたいことが起こり、家内にお祝いをしようといったら、大きな鯛を買ってきてくれました。

 体長38㎝、体形もよく、色つやも立派で、みごとな鯛でした。

 ここ豊後水道から国東半島にかけては、年中、よい鯛が獲れるところであり、おめでたにはも持って来いの魚として利用されています。

 まずは、刺身で、そして、その粗で汁をいただきました。

 宇佐名産の柚子胡椒を加えると一段と風味が醸し出され、最高の粗汁になります。

 これに、とっておきのブルゴーニュ産の白ワインも添えることにしました。

 刺身は、柔らかくて弾力があり、ほのかな甘みもあり、最高水準の味でした。

 汁には、鯛の成分がよく出ていて、これに柚子胡椒が加わり、何ともいえない気品のある味になっていました。

 ブルゴーニュ産のワインは、かつて定期購買していたものですが、これが値上がりしたために、それを止めてしまいましたので、今では、とっておきになりました。

 グラスに半分、これが夕食の時にいただく習慣になっていますので、家族で乾杯しながら、その豊かな味を楽しみました。

 今年は、2月、5月に続いて3度目のおめでたとなり、これは「福来る」といってもよいでしょう。

 地元の鯛の味に、おめでたの味も加わり、その豊かな喜びをしっかり噛みしめることができました(つづく)。

tai0921
 お祝いの鯛