毎週月曜日の午後は、アグリ作業をみんなで行っています。

 いつもは、午後13時半からですが、今日は非常に暑かったので熱中症の心配もあり、午後16時から会議を行い、それが終わってからの17時30分からの作業となりました。

 その作業は、次の3つの分かれて行われました。

 ①緑砦館の東側にある換気扇を圧力式の換気扇に取り換える。

 ②合計で11の水槽および水路に液肥を注入する。

 ③水槽の清掃と台風で避難していたハウス内の装置や道具などの移設と整理整頓

 それぞれが、これらの作業を済ませた後においては、西邸の中庭の整理と清掃も行いました。

 なかでも、古いビニールハウス用のパイプ枠のみが中庭の隅にありましたので、これを移動してヘチマ用の棚に使用することにしました。

 未だ、その位置は確定していませんが、中庭の中央あたりにまで移動し、その周囲の水槽の整理と清掃を済ませてから、正規の位置決めを行う予定です。

 これらの作業のおかげで、西邸の中庭は、すっかりきれいになり、とても広い空間ができあがりました。

 ここで何を栽培するか、これから、それを考えると夢が膨らみそうです。

 さて、今日の作業でうれしかったのは、上記①であり、圧力式の換気扇の設置で、状況がかなり変わる可能性がでてきました。

 これまで設置されていた家庭用換気扇は、その風量が足らず、緑砦館いの天井近くに滞留した温熱気体を排除することができませんでした。

 そのために、ハウス内が高温になり、栽培が難しくなるという状況に陥っていました。

 おそらく、この取り換えでかなりのハウス内環境の改善が期待できそうです。

 この家庭用換気扇は、ハウスの西側にもう1機設置されており、これも交換することで、さらにハウス内の温熱環境の改善が図られることでしょう。

 あれやこれやと、この改善に様々な方法を試してきましたが、どうやら、この換気扇配備が一番有効のようであり、これから、このシステムを実践的に試すことになりますね。

 このようにして、本日のアグリ作業は終わりました。

 すっかり良い汗をかきましたので、食事の前に、光マイクロバブル入浴を行いました。

 これで爽やかになり、いつもよりはかなり遅い夕食になりましたが、ゆっくりといただくことができました(つづく)。

0731hetimanonae
露地栽培で育てたヘチマの苗