お隣のMさんから、自家製のオクラが届きました。

 不揃いでしたが、大きいのもあっておいしそうでした。

 早速、これを細かく刻んでカボス醤油でいただきました。

 やはり、自家製はおいしい、夕食における立派な一品になりました。

 オクラ特有の粘りがありながら、意外とあっさりした味で、爽やかな風味がありました。

 市販のオクラと比較すると、農薬による嫌味がなく、とてもナチュラルな味でした。

 これらを比較しますと、市販のものは、たくさん食べることができません。

 すぐに、「もういいや」という思いが湧いてきますが、このMさんのオクラには、その嫌み感がありませんでしたので、ついつい、みんな食べてしまうことになりました。

 オクラといえば、光マイクロバブル栽培を試みてきたのですが、どういうわけか、これまでまともに育ったことがありません。

 最初の苗段階において、オクラは非常に弱く、ここですべて失敗して枯れさせていたようです。

 ある程度成長してからは、おそらく問題はないのではないかと思われますが、そこまで到達したことがなく、不発に終わっています。

 このようにオクラは、非常においしいので、今度、ある程度まで大きくしてから、光マイクロバブル水耕栽培を行う方法で再挑戦してみたくなりました。

 知恵と工夫を凝らして、再挑戦、早速、苗を探すことにしましょう。

 最後に、Mさんからいただいた写真を示します。

okura
オクラ