本日は、週に一度のアグリ作業日でした。

 わずか、午後からの1時間余りですが、みんなで力を合わせて一斉に作業を行うことで、一人ではできない作業を一挙に前に進めることができます。

 本日の作業は、GFH2の野菜の撤去、水路の清掃がメインでした。

 ここには、昨年の春以来の野菜が受け継がれて植えられ、さらに、それを12月に西邸から今の場所(東邸中庭の南側)に移動させ、そこに新たに野菜を入植させてきました。

 ここで、おもしろいことが起こりました。

 じつは、東邸中庭の中央に緑砦館(GFH3)を建設し、ここでの栽培システムの構築に注力してきたために、ついつい、このGFH2における野菜の世話が疎かになってしまいがちでした。

 ところが、この南側の場所と環境が良かったのでしょうか、ここでの野菜栽培が非常によく前進し、すばらしい野菜を収穫することができました。

 まず、この場所と環境の良さについて紹介しておきましょう。

 ①西日がまったく射しこまない。ここは、西側に家屋の壁があり、そのために西日が射しこむ午後3時から夕方において日陰となっています。

 ②一方で、朝は、東南方向から朝陽が入り込んできます。

 その際、朝陽は、上部からのみからしか入り込みません。それは、南側に、門と塀があるからで、これによって光の入射が限定され、丁度良い光量になりからではないかと思われます。

 ③ここ、国東市武蔵町向陽台においては、冬は北から、夏は南から風が吹きます。

 このGFH2の北側には、緑砦館(GFH3)があり、そのために北風がほとんど遮断されています。

 冷たい北風が遮断され、逆に温かい南風がやんわりと吹いてきますので、しかも、朝と昼間においては上部から光が差し込んできてハウス内に温かい環境が形成される、これがとても良かったのでないかと思われます。

 その結果、とてもすばらしい味の野菜が出現しましたので、そのいくつかを示しておきましょう。

 第1は、ここで大量に育てたセロリです。上記の好環境のせいで、1)セロリがよく成長した、2)そのせいでしょうか、このセロリの味がよく、とくに甘さが際立っていました。

 「こんなに甘い味のセロリは初めてだ!」

 この甘い味のセロリをよくいただきながら、何度感激したことでしょうか。

 その度に、野菜にとって環境を整えてやることが、いかに大切かを知ることになりました。

 第2はレタス類(サニーレタス、巻きレタスなど)でした。

 これも成長がよく、最後は押すな押すな状態になっていました。おかげで、この春は、レタスを、毎日たっぷりいただくことができました。

 第3は、イタリアンパセリでした。この苗は、西邸時代に一株残っていたものを移植していました。

 株の根元が大きすぎて、上板の孔のなかに入らなかったので、水路に隙間を開けて入植しました。

 そしてこれが大きく成長し、その背丈は1mを越えるまでになっていました。

 少々葉っぱが硬めでしたが、この葉っぱを噛むと甘く、これもかなりの頻度で収穫して心を動かされながら味わうことができました。

 しかし、本日の作業時に、これが枯れているのを確認しました。十分に成長して、寿命を全うしたのではないかと思われます。

 第4はベビーリーフです。根のところが大きくふくらんで、その直径は5㎝、長さも7~9㎝はあるでしょう。

 大きなコブのようなものになっていて、そこからたくさんの茎と葉が出てきていました。その長さは数10㎝にもなっていましたので、この限りではベビーリーフではなくなっていました。

 これは十分に食べることができそうなので、その茎と葉っぱの部分を収穫し、洗浄いたしました。

 さて、味の方はどうか、楽しみですね。

 これは、おそらく3年ぐらいは生きていますので、今後も貴重なベビーリーフとしての栽培を継続していく予定です。

 第5はコマツナです。これは、その背丈が1m以上にもなり、その先端に黄色い菜の花が咲きました。

 この若い小松菜の花を摘んでは、天ぷらやお浸しにして食べましたが、これも感動ものでした。

 とにかく、次から次に伸びてきましたので、食べきれないほどでした。

 最初は、あまりよく成長していなかったのですが、ある日を境に急に伸び始め、それを、その都度収穫していただくことも楽しい日課となりました。

 こうして、GFH2の3つの水路の整理と清掃がほぼ終わりましたので、明日からは、それを磨いて、液肥を入れた後に栽培を再開する予定です。

 めざすは、野菜たちが、今年近寄りがたいほどによく繁茂した状態の再現です。

 その様子を下の写真で示しておきます。

 すでに、キュウリやトマトなどの苗を購入していますので、早速、入植を行うことになるでしょう。

 これからも、この好適環境下での光マイクロバブル野菜栽培を追究していきたいと思います。 

 最後に、今後の整理のために、次の名称変更を行うことにしました。

 緑砦館(GFH3) ➡ 緑砦館1

 緑砦館(GFH2)➡ 緑砦館2

 緑砦館(GFH1)➡ 緑砦館3

 これからは、このような呼称にしますので、よろしくお願いいたします。

 みんなで、週に1回のアグリ作業、今後も楽しく継続していきます(つづく)。

DSC_0223
サニーレタス(GFH2、新呼称「緑砦館2」)