前回の記事の続きです。

 下記のような案内が、主催のサイエンス&テクノロジー社から届きましたので、以下、報告いたします。参加費等の詳しい内容については、上記会社のホームページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。

≪未来材料で描くイノベーション戦略≫
マイクロ・ナノバブル技術における核心と革新

~やさしく学ぶ技術の核心と楽しく挑む革新的商品開発~

新物質か!?未来材料か!? まだまだ可能性を秘めるマイクロバブル技術を、貴方の企業の研究開発に取り入れるために知っておきたい多角的情報を提供!
マイクロバブル技術の核心は何なのか? 物理的・化学的特性や期待の生物活性作用について、更にはマイクロバブル技術の戦略までを描けるように、マイクロバブル博士・本技術の創始者である講師がわかりやすく楽しく解説します。

講師
(株)ナノプラネット研究所 研究開発本部長 / 大成研究所 所長 /
(株)ナノプラネット 代表取締役  工学博士 大成 博文 氏
【専門】マイクロバブル技術、水理学


徳山工業高等専門学校名誉教授、日本高専学会ブレイクスルー技術研究所(所長)、第1~3回マイクロバブル技術シンポジウム実行委員長(日本混相流学会・日本高専学会)、大分高専環境科学技術センター客員研究員
参考資料:【マイクロバブル博士の『マイクロバブル旅日記』

日時
2018年5月22日(火)  10:30~16:30
会場
東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室
会場地図




趣旨

  マイクロ・ナノバブル技術は、1994年に本講演者によって創生されたわが国発のオリジナル技術である。
 以来四半世紀余、本技術は着実な発展を遂げてきたが、未だ「生成期」にあり、本質的な「発展期」には至っていない。
 その理由は、本技術の「核心」部分に関して十分な究明がなされておらず、そのために、その発展が本質的な革新(イノベーション)へと点火できていないことにある。
 本講演では、その「核心」を明らかにし、それを小さくない「革新」へと結びつける方法を提示する。
 また、本技術における今日的課題と展望を明らかにすることによって、その豊かな技術的未来を確信していただきたい。

【ポイント】
 むずかしいことをやさしく解説します。
 そしてマイクロ・ナノバブル技術の奥深さを理解し、それによっておもしろい技術開発、商品開発ができるように、その可能性を探ります。
 さらに、マイクロ・ナノバブルのことがよく「わかった」と思えるようになって「ゆかい」になっていただきたい。
sayaenndou-2
                    サヤエンドウの花