下記のような案内が、主催のサイエンス&テクノロジー社から届きましたので、以下、報告いたします。参加費等の詳しい内容については、上記会社のホームページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。

≪未来材料で描くイノベーション戦略≫
マイクロ・ナノバブル技術における核心と革新

~やさしく学ぶ技術の核心と楽しく挑む革新的商品開発~

新物質か!?未来材料か!? まだまだ可能性を秘めるマイクロバブル技術を、貴方の企業の研究開発に取り入れるために知っておきたい多角的情報を提供!
マイクロバブル技術の核心は何なのか? 物理的・化学的特性や期待の生物活性作用について、更にはマイクロバブル技術の戦略までを描けるように、マイクロバブル博士・本技術の創始者である講師がわかりやすく楽しく解説します。

講師
(株)ナノプラネット研究所 研究開発本部長 / 大成研究所 所長 /
(株)ナノプラネット 代表取締役  工学博士 大成 博文 氏
【専門】マイクロバブル技術、水理学


徳山工業高等専門学校名誉教授、日本高専学会ブレイクスルー技術研究所(所長)、第1~3回マイクロバブル技術シンポジウム実行委員長(日本混相流学会・日本高専学会)、大分高専環境科学技術センター客員研究員
参考資料:【マイクロバブル博士の『マイクロバブル旅日記』

日時
2018年5月22日(火)  10:30~16:30
会場
東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室
会場地図

得られる知識
1. マイクロ・ナノバブル、マイクロバブル、ナノバブルの正体を理解できるようになる。
2. マイクロ・ナノバブル技術における「核心」部分を学び、それを踏まえて
  技術革新(イノベーション)へと点火できる。
3. マイクロ・ナノバブル技術を用いた商品開発の具体的事例を学ぶ。
4. マイクロ・ナノバブルの物理化学的特性、生物学的機能性に関する科学的知識を学ぶ。
5. 洗浄、温浴、植物栽培、養殖などの分野における
  マイクロ・ナノバブル技術の最新技術を身に付ける。
6. マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブルの特徴を理解し、その技術的適用方法を学ぶ。
7. マイクロバブル技術を身に付けることで、製造業の衰退を回復できる、
  危機的状況の農漁業を再生させる。
8. 若者がベンチャービジネス企業を起業できるようになる。
9. 企業の技術者が技術革新を起こし、企業の新分野への転身を図ることができる。
10. 日本の製造業の衰退を防ぎ、その回復と飛躍の可能性を確信できるようになる。

対象
企業の技術者、技術戦略、商品開発部門担当者、起業を希望する若者、大学生、マイクロ・ナノバブルに関心を持っている研究者。農家、漁師、ペット関係者、医療・福祉関係者、新分野への進出を希望している企業経営者など。予備知識は不要です。
マイクロ・ナノバブルの事を何も知らない方でもやさしく、わかりやすく、おもしろく解説します。