国東安岐港の魚の競り市場に通っていると、時々、おもしろいことが起こります。

 この競りにおいては、売り手は高く、そして買い手は安く買う、この駆け引きには独特の緊張感があります。

 この競りで落とされる価格には、魚の良さ、悪さが反映されていて、見ている私たちは、その価格で、その魚の評価をします。

 ところが、時々、どういうわけか、この競りの法則が成り立たないケースが生まれることがあります。

 それは、売り手も買い手も、その魚がどうでもよくなって、面白半分で価格が決められることがあることです。

 今回は、それが一箱(トロ箱)100円という形態で出現しました。

 こんなとき、買い手の私どもは、「チャンスがきた!」と思って、競り落とされた魚を急いで確保しようと躍起になります。

 今日は、その輝かしい戦利品を紹介しましょう。
 
100-1
100円魚

 体長30㎝のレンチョウとやや小ぶりのコショウ鯛が2枚、これで100円でした。

 この鯛は生きていて、しばらく、マイクロバブル水に塩を入れて生かしました。

 こうすると、より元気になり、汚れも落ちて、かなりおいしくなります。

 早速、レンチョウの方はムニエルにして食べました。

 新鮮ですから、熱料理をすると何ともいえない柔らかい肉質になり、おいしくなります。

 また、コショウ鯛は、生きていましたので刺身がよく、天然の鯛の味とほとんど変わりませんでした。

 これらが山陰から来られたお客さんに出されました。

 まさか、100円で買った魚とはいえないままでしたが、その味をとても喜ばれていました。

 本日の100円コインの「おもてなし」、とても気に入りました。

 偶には、こんなゆかいな話もあり、でよいですね
(つづく)。