最近、お隣のMさんが、何か事あるごとに、魚や野菜を持ってきてくださるようになりました。

 先日も大きなボラ(鯔)いただき、その刺身のおいしさに感激したところでした。

 そしたら、今度は炒子(いりこ)にする「生の子魚を食べますか?」というお尋ねがありました。

 どうやら、Mさんの親戚に漁師の方がいて、よく一緒に漁に出かけることがあるそうでした。

 もちろん、珍しいもの、私にとっては初物ですから、吃驚もの、うれしいものでした。

 「これは、どのようにして食べたらよいのですか?」

 「お勧めは釜揚げ、天ぷらもおいしいですよ!」

 その生魚の写真を示しましょう。

irikonama
炒子用の生魚

 透き通ったきれいな小魚です。

 早速、お勧めの釜揚げにしていただきました。

 柔らかく、噛むほどに旨みも出てきて、「これはおいしい」と思いました。

 これに、カボスをたっぷり加えるとますますおいしくなるといわれ、それを確かめると、その通りでした。

 「これだと、天ぷらにしたら、もっと旨いのではないだろうか?」

 
その場で、気分良く「天ぷら」を料理していただきました。

 「この天ぷらは初物、すごくおいしいね!」

 魚の天ぷら特有の香ばしい匂い、噛むほどに出てくる甘さと旨み、これは感激ものでした。

 またひとつ、国東の海の幸の新たな味に出会いました
(つづく)。