本日は、沖縄入りして7日目、宿舎を朝早く出て、那覇空港に車で向かいました。

 天候は雨、台風18号のせいで風も強まっていました。

 那覇空港は、沖縄本島の南西の端に位置しています。

 南に接近するほど風が強まっていましたが、台風の風向きが左巻きで、東側からの風が丘でやや遮られていましたので、那覇空港に吹いてくる風も、さほど強くはありませんでした。

 レンタカーを返却する際に尋ねると、「まだ飛んでいますよ」ということだったので一安心、空港のレストランで朝食をいただき、窓の向こうの飛行機の発着を眺めていました。

 出発は、予定通りの9時55分、離陸の際に多少の横揺れはありましたが、無事離陸し、福岡に向かいました。

 到着は12時半過ぎ、車の駐車先からの情報によれば、午後からの那覇発の便はすべて欠航になったそうで、まことに危ういところで到着することができました。

 福岡空港からは、新宮駅の近くにある北欧家具の「IKEA」に向かいました。

 新築の緑砦館の家具を購入したいという家内の希望で、ここを訪れることになりました。

 まず、ここに到着して遅い昼ご飯をいただきました。すべてが北欧料理で、安く、私は、プレッチェル(塩パンの一種)と野菜サラダをいただきました。

 また、飲み物はカフェラテで70円、何杯もお代わりができますので、これも破格の値段でした。

 家具は、最初にテレビボードの選定を行いました。

 幅240㎝、高さ190㎝で引き出しや扉付きボックス、引き出しなどをセットにしたもので、あらかじめ前日に、その設計を行っていたプランをセーブしていたのが幸いでした。

 このプランを踏まえて、細部の組み合わせ、板材の表面などを決定し、短時間に、その全体を決定することができました。

 その後、「レターケース」などを買い足し、その組み立て商品置き場に行き、それらを予めいただいた部品リストにしたがって取り出していきました。

 組み立て部品のリストの掲載された部品番号に従って、その部品を照合し、カートに入れていく作業は買い手がすべて行うので、ここにはだれも社員がいませんでした。

 この選定とカートへの積み込みを客が自分で行い、これをレジまで運んで勘定を済ませ、自分の車まで運んで積み込みまでをすべて、客の力で済ませていくシステムですから、まさに合理的です。

 なんと、何から何まで合理的にできているのか、その購買システムには驚くことばかりで、その都度、感心のし通しでした。

 この品質の良さ、そして価格の安さ、合理的な購買システムなど、「これであれば、人が集まり、買いたくなるのは当然のことだ!」と思いました。

 車に積み込んだ部品は、すべてコンパクトな薄厚の箱状に梱包されていましたので、車の中に収納でき、無事持ち帰ることができました。

 おそらく、特別に注文すれば、2~3倍の値段になったでしょうから、家内は、念願のボードづくりが可能となり、とても喜んでいました(つづく)。

haibi7
 
                那覇空港近くの街路に咲いていたハイビスカス