沖縄2日目の朝、カメラを持って近くの公園や住宅地周辺の散歩に出かけました。

 透き通った青い空の下、草花や木々がたくましく、そして鮮やかに生えていました。

 公園の入り口では、沖縄らしい「番人」が待ち構えていました。

 
si-sa-0720
シーサー


 シーサーは、沖縄特有の番犬であり、家々の門や屋根に魔よけとして設置されています。

 この公園の入り口には4犬が設置されていて、そのひとつの足元にはかわいらしい植物が生えていました。

 さぞかし、足元が涼しくなって、ここちよい思いをされていることでしょう。

 この入口を通り過ぎて右手のスロープを上っていくと、幅広の大きな葉っぱを持った木が育っていました。

 この大きな葉っぱの木は、沖縄の海岸でもよく見かけることができます。

 おそらく、「フクギ」の若木ではないかと推測していますが、近くの人に尋ねてみても、よく知らないということなので、今度詳しく調べてみようと思っています。

sorahukugi-2
大きな葉っぱの木と青空

 青い空と白い雲に向かって、力強く葉が伸びています。

 これがやがて大きくなると、さわやかで涼しい木陰を形成することでしょう(つづく)。