先日、国東安岐港の市場に魚を買いに行きました。

 沖縄からお客さんがやってきますので、そのもてなしをするためでした。

 心のこもったもてなしには、なんといっても地元の海の幸が一番です。

 さて、良い魚が水揚げされていればと思い、市場に行くと、生きたカワハギがありました。

 この魚は、たくさんの呼び名があるようで、山口県ではメイボと呼ばれていました。

 ここ国東では、「ウマズラ」とも呼ばれていて、顔の形が馬に似ているので、そのように呼ばれるようになったのでしょう。

 カワハギは、やや淡白な味ですが、その新鮮なうちの刺身は格別においしく、今や高級魚のひとつともいうことができるでしょう。

 我が家でも、この刺身が人気ですので、これはきっと良いもてなしになるはずだと思って、早速購入しました。

 なにせ、生きていたのですから、これ以上に新鮮なものはありません。

 サイズもよく、「これはよいものが手に入った」と思いました。

 さて、その刺身が出され、お客さんは、その味に吃驚されて喜んでおられました。

 柔らかくて、コシがあり、噛むほどに旨みが出てくる、まさに、おいしい魚の典型的な味でした。

 そして、極めつけは、このアカワハギの肝をたっぷり入れた「汁」でした。

 この汁では、肝が細かく擦りつぶされており、その汁を飲むたびに、その肝の味が口のなかに広がりました。

 まさに、絶品の味でした。

 こうして、お客さんが来るたびに、地元の海の幸で出迎える、これが我が家の習慣になってしまいました。

 因みに、今回のカワハギは、3枚で1700円でした。

 安くて豊か、これを実感しています
(つづく)。

kawahagi
 
                            カワハギ