質問8:マイクロバブルは、1秒間に何個のあわをだすのですか?

  これは、正確な数値で表すとなると、なかなかむずかしいことになります。

 そこで、これまでは、単に大量(たいりょう)に発生するといってもわかりませんので、1分間に1リットルという容量(ようりょう)で表現してきました。

 しかし、あるとき、NHKの取材(しゅざい)をうけたときに、そのカメラマンがどうしても、その数を示したかったのでしょう。「1秒間(びょうかん)に1億個(おくこ)」ほど、マイクロバブルが発生すると放送していました。

 ここでは、その数値(すうち)を紹介(しょうかい)することにとどめておきましょう。

 参考(さんこう)までに、マイクロバブルが発生している様子を示します。
mbhassei
マイクロバブルの発生

 マイクロバブルがたくさん発生するということは、それを与えるものが多数であっても、まったく問題がありません。

 この世の中でたくさんあるもの、それにはどんなものがあるでしょうか?

 たとえば、「あずき」とか、「こな」のようなものがあります。

 あずきは、「おしるこ」や、まんじゅうの「あんこ」に使われます。

 これがたくさんあると、洗うのもたいへんですが、マイクロバブルは、それをかんたんに洗浄(せんじょう)します。

 また、「こな」においては、それにくっついた汚(よご)れをきれいに洗(あら)いおとすこともできます。

 それから小さい生物がたくさん集まっている場合に、それらを元気にします。

 なお、マイクロバブルは、その発生直後(はっせいちょくご)から数十秒間(すうじゅうびょうかん)で小さくなって見えなくなりますので、実際(じっさい)に、その数を正確(せいかく)に計(はか)ることは、ひじょうにむずかしいことなのです。

 以上をまとめると、その回答は、次のようになります。

 「マイクロバブルは、1分間に約1リットル、発生できるようにしています。

 ごく小さいマイクロバブルをたくさん発生させることで、あずきやこなのようにたくさんあるものをあらうことができます。

 また、小さな生物をたくさん育てることもできます。」


   質問9:マイクロバブルは、1秒間に何回転するのですか?

 これは、じっさいに、ハイスピードカメラで写(うつ)してしらべましたので、せいかくに答えることができます。

 これには、1秒に1万まいもさつえいすることができる、こうせいのうなカメラ(ハイスピードカメラ)を使いました。

 このとき、とてもつごうがよかったのは、光をあてるとマイクロバブルが輝(かがや)き、それをさつえいすることで、その回転数(かいてんすう)を計(はか)ることができたことでした。

 そのときの画像(がぞう)の一部(いちぶ)を示しておきましょう。 

sennkai
高速度カメラの画像(がぞう、白いのがマイクロバブル)

 これらの画像を用いてしらべると、マイクロバブル発生装置のなかでは、なんと1秒間に400~600回転もしていたのです。

 これは、予想外(よそうがい)の回転速度(かいてんそくど)でしたので、びっくりしました(科学には、びっくりすることが大切です)。

 そこで、世の中のにある機械装置(きかいそうち)の回転速度を調べてみました。

 いちばんはやく回転していたのが、ジェット機(き)の「ターボエンジン」で、毎分(まいふん)10万回転、マイクロバブルは毎分3万回転で、スペースシャトル内にあるエンジンポンプと同じでした。

 車やボートなどのモーターの回転速度は、毎分3000回転ていどですから、マイクロバブルの場合が、いかに速く回転しているかが、よくわかるでしょう。

 しかも、まことにすばらしいのは、マイクロバブルの場合、小型の普通のポンプを使用すればよかったのです。

 とくべつのポンプではなく、市販(しはん)のものでよいことから、安くかうことができ、助かりました。

 このように、マイクロバブルを発生させるさいに、水と空気をいっしょに超高速(ちょうくそく)で回転させたことで、とても、すばらしいことが起(お)こっていたのでした。

 それは、水と空気が、たがいに強力(きょうりょく)に、こすりあう「摩擦現象(まさつげんしょう)」が発生していたからでした。

 ものとものを、こすり合わせると、かならず、この現象が発生し、たがいにプラスとマイナスの電気(でんき)を生み出します。

 マイクロバブルの場合は、この現象によって、強力なマイナスの電気をおびることができるようになりました。

 この性質によって、マイクロバブルがよごれをおとす、いわゆる洗浄(せんじょう)という分野(ぶんや)で大いに役立(やくだ)つことになりました。

 また、おふろに入ると身体中(からだじゅう)に、たくさんのマイクロバブルがくっつきます。

 それは、身体についたよごれがプラスの電気をおびていいるからで、マイクロバブルが、そこにくっついいて、よごれをはがしてくれます。

 そのため、身体をせっけんであらわなくてすむようになり、それを実行している方もおられますよ。

 このような洗浄だけでなく、マイクロバブルの摩擦現象は、医療(いりょう)や農漁業(のうぎょぎょう)などの分野においても、重要(じゅうよう)な効果(こうか)をもたらしました。

 以上をまとめて、第8質問(しつもん)の回答(かいとう)を示します。

 「マイクロバブルを発生させるために、装置(そうち)のなかで、水と空気を1秒間でやく500回も、回転させていました。

 その結果、マイクロバブルはマイナスの電気をおびるようになりました。

 マイナスの電気をおびると、よごれなどのプラスのものにくっつきやすくなり、それが、半導体(はんどうたい)や身体の洗浄(せんじょう)に役立ちました。

 マイクロバブルは、水と空気を超高速(ちょうこうそく)で回転させる技術であり、これによって、洗浄だけでなく、たくさんの良い効果(こうか)が生まれました」
 

(つづく)。