「柱の傷は、おとどしの5月5日の背比べ、ちまき食べ食べ、兄さんが計ってくれた背いの長け」

 この歌が、『男はつらいよ』の車寅次郎によって、次のように替え歌されていました。

 「柱の傷はキリギリス、5月5日のキリギリス、ちまき食べ食べキリギリス・・・・」

 この「キリギリス」の歌をしらたまちゃんに教えながら、我が家恒例の「背比べ」をしました。

 「どのくらい大きくなっているかな?背比べをしましょう」

 「やったー!」

 こういうとすぐに、しらたまちゃんが、その気になりました。

 前回、背比べをした期日は、2015年3月6日でした。それから、1年と3か月余が過ぎていました。

 最初に、しらたまちゃんが、柱の前に立ちました。

 背丈は107.5㎝、前回よりも約7㎝伸びていました。

 つづいて妹のRIRIに替わりました。

 「何㎝になっているかな?」

 彼女の背丈は93㎝、前回の時よりも相当大きく伸びていました。

 さらに、MIOは75.5㎝、前回の時は赤ちゃんでしたので計測していませんでした。

 このしらたまちゃんと妹たちは、丁度2歳違いで、すくすくと育っている様子が、これらの背丈からも明らかです。

 この背比べを終えると、帰りの空港に向かう時刻が迫っていました。

 帰るときは、恒例の記念撮影、そして、3人交互に、家内と手足を持って「ぶーらん」といいながらのゆすり合い、3人とも「もう1回」と、この「あそび」が好きで、2、3回繰り返しました。

 こうして丸8日間を賑やかに過ごして帰っていきました。

 さて、あっというまの8日間でしたが、いくつかの思い出が残りました。

 そのひとつは、『3匹のヤギのがらがらどん』の絵本読みでした。

 この絵本は、しらたまちゃんのお母さんも好きだったもので、年季の入ったものでしたが、それを家内が読み聞かせるとくいるように3人が聞いていました。

 これは大中小のヤギが、山の谷間に住む「トロル」と呼ばれる怪獣を知恵と力で回避・やっつける話です。

 そのトロルが登場してくると恐い思いが湧いてくるのですが、意外にも、しらたまちゃんと妹たちはちっとも恐くないようでした。

 でも、しらたまちゃんのお母さんの弟(私の「相棒」)は、トロルを恐がり、近所にあった橋を渡るのが恐いといって、目をつぶって渡っていたことが持ち出され、ちょっとした話題になりました。

 とくに、RIRIさんは、自分を中くらいのヤギにたとえ、大きなヤギのガラガラドンのしらたまちゃんがトロルをやっつけることができると信じて、しきりにしらたまちゃんを頼りにしていました。

 そのしらたまちゃんも、妹から頼られ、気分よく、トロルと戦う気になっていました。

 絵本の好きなしらたま兄弟、寝る前には必ず3冊を寝どこまで持っていき、読書を楽しむ習慣を身に付けています。

 本が好きな子は賢くなる、これを実践しているのが、しらたまちゃん兄弟です。

 読者のみなさん、近くに幼子がいましたら、この読書習慣を、3歳までに身に付けるように勧められてください。

 きっとすばらしい子に育ちますよ(つづく)。
MIO
                      しらたまちゃんの妹MIO