今年の夏は、ヘチマと共に過ごしたような気がしています。

 蔓が伸び、花が咲いて実が生りました。

 おそらく、その数は数十本に達したのではないでしょうか。


 おかげで、ヘチマの天ぷらや煮込みに舌鼓を打つことができました。


 おまけに、ヘチマの花には、ミツバチが寄って来て、ブンブンと花から花へと飛び交う様は、賑やかで微笑ましいものでした。

 さて、しばらく、そのヘチマの報告をしておりませんでしたので、その後の状況を報告しておきます。


 じつは、この報告を思いついたのは、次のK1さんとの会話があったからでした。


 「その後、ご回復のようで何よりです。とても嬉しく、安堵しております」

 「おかげさまで、ありがとうございます。ところで、今年のヘチマの栽培はすばらしい成果を修めましたね。今後の取り組みに活かせる成果だと思います」

 「そうですね。まだ、いくつかヘチマが生っていて、それを料理していただいていますよ」

 「そうですか、まだ生っていますか?」

 「そのなかに大きな実があり、これから種を取り出し、たわしをつくります。そのうちの一つを送らせていただきます」

 「それはうれしいな、ありがとうございます」

 その立派なヘチマの実を示しておきましょう。これからしっかり種を取りだし、来年に備えることにします。

 また、これですと大きな「たわし」になりそうで、これで同じくしっかり身体を洗うことにしましょう。

 お互いに、これで身体を鍛えることができるとよいですね
(つづく)。
hetima0924-2
                         ペアで育ったヘチマ