先日、我が家にお客さんが来られた際に、そのお一人から手土産として、七島イでできた草履をいただきました。

 大変貴重なものをいただき、とてもうれしく思いました。

 これを試しに履いてみました。

 そしたら、どうでしょうか。じつは、ちょっとした吃驚現象が起きました。

 まず、この草履を履いてみて、感じたことは、その足裏への刺激がすごかったことでした。

 履いたときに、体重をかけると、七島イが編まれることでできた凹凸によって、強い足裏刺激がなされたのです。

 「これは、強い刺激だ、弱い痛みさえ感じている!」


 この状態で数十秒経過してから、その足裏を観察してみると、大きさ数ミリメートル四方の赤い斑点状のものが足の裏中に出現していました。

 ーーー こんなことは初めてのことだ!すごいねぇー、これは!

 そこで、再び、この草履を履き直して、しばらくすると、足の指が真っ赤に染まってきたのです。

 --- 足の裏だけでなく、指まで赤くなってきた。これも、すごいね!

 こう思いながら、その指をしっかり観察し続けました。

 --- しかし、なぜ、このように赤くなったのであろうか?

 ここで重要な疑問が湧いてきました。

 --- これは、七島イの凹凸による足裏刺激で血流促進が起こり、それが指まで伝搬してきたのではないか!

 また、この草履の帯がややきつめになっていましたので、この帯の跡が、足にくっきりと付いていました。

 --- そうか。これは足がやや腫れているために、この跡が付きやすくなっていたのだ!これも改善する必要がある!

 こうして、七島イ草履を履いたままで、立ったり座ったりして、その足裏刺激の効果を、しばらく試しました。

 その結果、血流促進がいきわたったのでしょうか、最終的には、次の現象に変化していきました。

 ①赤くなっていた足裏や足指は、その色が徐々に薄れていった。

 ②同時に、軽い痛みさえ感じていたのが和らぎ、最終的には消えていった。

 ③帯(鼻緒)の締め付けでできた跡の色はやや薄れていったが、その凹凸は徐々にしか改善していかなかった。


 
次に、健常者に、この草履を履いてもらいました。しかし、上記の皮膚の色変化や痛みを覚えることについては、ほとんど顕著に感じることはなかったようでした。

 この結果から、七島イ草履を履くことは、非常に足の健康によい、とくに足が弱っている高齢者の足の健康に優れている、この特徴を確かめることができました。

 以上を踏まえて、マイクロバブル入浴後に、この七島イ効果がどう現れるか、それを調べてみようと思いました。

 この七島イの生産は、全国唯一の国東で行われています。この伝統の農業と産業を発展させる必要がありますね(つづく)。
七島イ草履
         足裏刺激がすばらしい七島イ草履(国東市安岐町の青木本店提供)