先日の安岐港の競りでの話の続きです。
 
 ーーー もうひとつ、手ごろな魚はないか。小エビにしようか、それとも泳いでいる小ぶりのヒラメにしようか?

 こう思いながら、物色をしていると、やや小ぶりのレンチョウがありました。

  小ぶりといっても、その体長は30~35㎝もありました。これを二枚384円で買いましたので、下にその写真も示しておきましょう。
rennchou0626
 このレンチョウ、1枚あたりは約200円弱、これも格安でした。

 早速、これらを塩焼きにして、昼ご飯で賞味させていただきました。

 やや塩気があり、香ばしい皮が、まずおいしく、それから身の方も柔らかく、思わず舌鼓させていただきました。

 このような魚に出会うと、豊かさを覚え、また競りに行きたくなりますね(つづく)。