せっかくのハッチさんの言及ですから、「地域再生にはアイデアが必要である」(1)の続きを考察することにしましょう。

ハッチさんの指摘にもあるように、次の3つの課題を具体的に解決していくことが重要です。
 ①新しい産業を発掘して、その上で新たな産業を考える。

 ②弱体化している地方には勝ち目がない。

 ③世界的視野から新たな産業を考える。その産業とは何か?

これらの課題において、次の2つの疑問を投げかけました。

 ①そのような産業は、いったい存在するのでしょうか?

 ②具体的に、それを見出し、育てることはできるのでしょうか?

また、この解決のための糸口として、2つのアプローチの方法を提示しました。

 1)新たな先端科学の究明によって新たな先端産業を創成する。

 2)地方に現存するものに新たな光をあてて、再生を行うことができるものを見出す。


 ここまでは、先日の記事の通りです。

先日、経済に関する雑誌を読んでいたら、「産業再生」に関して気鋭の経済学者4人による討論が目に留まりました。

このなかで、おやっと思ったことがありました。

それは、産業再生のためには、1)が必要であるという強調がなされていたことでした。

ーーー 今日の先端産業の行き詰まりを迎えていても、今尚1)を頼りにしているのか?

つい最近まで、日本経済を牽引してきたのは「自動車」でした。

これが大規模に海外移転を行うことで、日本国内には、それに代わるエンジンがなくなってしまったのです。

おそらく、自動車のような牽引エンジンは、しばらく日本社会に登場してくることはないでしょう。

となると、残りは2)にしかなく、これで行くしかありません。

しかし、日本社会の現状は、「地方創生」といいながらも、その実態は1)に比重を置いたものになっています。

この現状を変革し、2)の道を切り拓く、これがどうしても必要になります。

しかし、地方におけるこの本格的な変革、これが容易ではありません。

農業、漁業などの第1次産業が衰退の一途をたどり、後継者も得られないほどに深刻な状況を迎えています。

加えて、この難問を解決していくためのスタッフも少なく、これでは、地方は中央に対して勝ち目がなくなってしまいます。

それでは、いったい、どうすればよいのでしょうか?

再びこの疑問、あるいは難問に戻ってしまいますが、私は、その解決のために、自分の足元を掘り、そこに泉を発見することではないかと思います。

ここでいう足元とは、地域のことであり、そこを掘ることとは、地域資源を見出し、その活用を考えることをいいます。

そして、その泉は、喉を潤し、命を救う水のある場所のことです。

ここで、最も重要なことは、この泉を掘り当てる技術のことです。

消費者の渇きを潤し、命を救う水を掘り出す技術を生み出す技術を創成できるか、これが要になります。

これまで、たくさんの学者とお金を用いて、現代の第1次産業を再生させる技術開発が試みられてきましたが、それに成功した事例はありません。

その意味で、それらの技術は未熟な段階に留まり、そのブレイクスルーが実現されていないのです。

ですから、この問題を本質的に解決する、具体的には、農業や漁業を再生、そして豊かに発展させうる確かな技術を研究開発し、創生させることが何よりも求められています。

この研究開発に真正面から取り組む際に、目の前のたくさんの不利な条件は、見方によっては、それを有利に変えてしまうほどの大胆でかつ透徹した優れた科学性が要求されます。

すなわち、不利な条件を有利に十二分に変える優れたブレイクスルーの科学の目が必要になります。

これはどうやって養うことができるのでしょうか?

大志を抱いている若い研究者にとっても、これが最も知りたいことではないかと思われます。

(つづく)

庭の花
            
前庭に咲いた可憐な花