大きな怪我をすると、その周辺の筋肉が硬くなります。

その筋肉が硬くなると血液が滞るようになり、その部分が冷えてきます。

さらに、その冷えが進むと痛くなり、時には湿疹も出てくるようになります。

この障害を防ぐには、常に筋肉を柔らかくする運動が不可欠になります。

ところが、この筋肉を柔らかくすることがなかなか大変なのです。

あるとき、プロ野球の現役投手と懇談したことがありました。試合で100球前後を投げてしまうと、その腕と肩の疲労は大変なものになります。

そこで、まずマッサージを受けます。この時間が約1時間を要します。さらに家に帰ってから、温めては冷やすを数回繰り返します。

そして翌日もマッサージを行い、その温冷療法を繰り返していくのです。

ところが、マイクロバブルを筋肉の近くで噴射すると、この筋肉は驚くほどの速さで柔らくなります。

その時間は、マッサージの約10分の1以内でよいでしょう。

ですから、K1さんにおいても、マイクロバブル入浴でぐっすり眠られ、朝起きて、筋肉が温かい時に毎朝行うベッドの上での体操が非常に重要なのです。

K1さんは、あおむけになって、足を上げながら回す運動から始め、30分以上も、その筋肉運動とストレッチ体操をうっすら汗をかくまでなされるそうです。

この日々の体操が健康維持とともに、いざというときに助かるのです(つづく)。