マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2021年04月

4
K整形外科病院にて 予定の時刻にK整形外科病院に到着しました。 まずは、荷下ろしを手伝いました。これらは、介護における身体部位浴装置、注文があったMOネギ10㎏、同病院老健施設マネージャーのOKさんへのサンプル提供ネギ1㎏、それから私が育てたクレソンとレタスなど
『中津へ(11)次のステップへ(1)』の画像

4
準 備 昨夜は、早めに就寝したせいか、午前3時過ぎに起床。 このまま二度寝するのも「もったいない」と思って、そのまま机に向かいました。 この1週間、懸案事項をいろいろと深堀りして、あれこれと思考を繰り返していましたので、この際、それをスライドにして中津の
『中津へ(10)アキモトコーヒー』の画像

3
MOネギの誕生  MOさんとの付き合いは、一昨年の夏ごろから始まりました。 そのMOさんのハウスの前に、かわいらしい蛍草が咲いていました。 そして、圃場を見学した際に、大変おもしろいことに挑戦されていると思いました。 その試みは、近隣に農家のMU(農未来)さんが
『緑砦館物語(52)MOさんのネギ(1)』の画像

3
打つ手なし  3月21日の緊急事態宣言解除から2週間余が経過しました。 飲食店における来客制限以外に、ほとんど何もしなかったために、その減退の期間におけるコロナ撲滅策を講じることができなかったことで早くも、第4波の襲来が確実な状況になってきました。 その典型が
『徒然に光マイクロバブル(65)新型コロナウイルス(48)』の画像

4
 新型コロナウイルスをはじめとする感染症の時代を迎えて、そして超高齢化社会を力強く生き抜くために、自らの免疫力をアップさせる作戦を展開してきました。 これまでに取り組んできた主題は、次のとおりです。 1)睡眠時間の確保 2)ストレス解消 3)快眠枕 4)ほう
『超高齢化社会を生き抜くために(3900回記念)(37)免疫力アップ作戦(19)』の画像

2
GFH(Green Fort House)2の光マイクロバブル水耕栽培  GFH2における光マイクロバブル水耕栽培における野菜たちが、真に順調に生育し始めました。 本日は、その第二陣で苗を移植したサニーレタスについて報告しましょう。 これは、三週間前に苗を移植したものですが、こ
『緑砦館物語(52)サニーレタス』の画像

4
光マイクロバブル水の定義 「光マイクロバブル水とは、光マイクロバブルが存在する水であり、それには、過去において発生していたものも含まれる」 こだわりの光マイクロバブル水コーヒー談義の続きです。 おいしいコーヒーを飲むための3条件を示します。 ① コーヒー
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(2)上質のコーヒー(2)』の画像

2
生ワカメ    生ワカメといえば、東日本大震災緊急復興支援プログラムにおいて岩手県を訪ねた際に、新幹線一関駅の売店でよく買って帰っていました。 東北地方は寒冷地域ですので、この地域のワカメの新芽も南国地方と比較して成長が遅く、それだけ新芽のワカメが柔らか
『国東の食環境(331)生わかめ』の画像

3
 このシリーズを始めてから、免疫力をアップさせて健康を改善し、新型コロナウイルスの感染症の時代を力強く生きていこうという意識が芽生えてきました。 これまでに掲げてきたテーマは、次のとおりです。 1)睡眠時間の確保 2)ストレス解消 3)快眠枕 4)ほうじ茶に
『超高齢化社会を生き抜くために(3900回記念)(36)免疫力アップ作戦(18)』の画像

2
「魔法の樹」 これはパン屋の名前でした。以前に、同名の大貞店を訪れましたが、そこはケーキの売り場が大きかったのに対し、この駅前店は逆にパンコーナーが多くを占めていました。 早速、家内が電話で予約注文していたバケット10個を購入しました。この店では、一日10個
『中津へ(9)よい「打ち合わせ」(2)』の画像

1
 下記の日程で第38回のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2021年4月13日(火)13:30~17:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラネッ
『第38回ナノプラネットゼミの案内』の画像

3
「丸清」へ 昨日は、12時すぎに研究所を出発、いつもよりはやや遅い昼食でしたが、例の「丸清」での「お任せ定食」をいただきました。 最近は、これが出される月曜~金曜に出かけたことがなく、久しぶりの、そして期待の昼食でした。 その「お任せ」、やはりすばらしい
『中津へ(8)よい「打ち合わせ」(1)』の画像

↑このページのトップヘ