マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2020年09月

 10月も下旬になりました。昨夜は、雨でしたの、徐々に東の空が明るくなってきて、鳥の声も聞こえています。 先ほど、昨日に続いて、朝の光マイクロバブル入浴を楽しみました。 高齢者になってからは、この入浴が、健康改善と維持に不可欠になってきましたので、毎日欠か
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(47)』の画像

 先日のユッツの誕生会の続きです。 ユッツが好きな歌の一つに、「大きな太鼓」があります。これに併せて、「ドーン、ドーン」、「トン、トン、トン」と太鼓を打つ仕草をします。 叩くものは何でもよく、とくに好むのはバケツの蓋やソファーのようです。 きわめつけはピ
『ユッツ(29)二歳の誕生日に寄せて(2)』の画像

3
 昨日は、夕方から、ユッツ宅の中庭で、お祝いのバーベキューが催されました。 宵のここちよい風が吹いてきて、空は高く、夕陽に雲が照らされていました。 この中庭での催しは、数年ぶりのことで、以前には国東セミナーを行った後の懇親会が、この場で開催されていました
『久しぶりの「しらたまちゃん」』の画像

4
 天高く馬肥える秋、ここ向陽台の空は、雲一つない晴れです。 朝夕が涼しくなり、清々しい陽光の温かさを欲しくなって、窓のブラインドを開けました。 今日は、内孫のユッツの2歳の誕生日です。 近頃は、太鼓を叩き、「となりのトトロ」の歌を唄うことができるようにな
『ユッツ(28)二歳の誕生日に寄せて』の画像

恐慌なのか 世界ブリタニカ百科事典における恐慌の定義は、以下の通りです。 「景気循環の好況局面における過大な設備投資が不況局面の出発点において設備過剰をもたらし,生産と消費の間に大きな不均衡が起り,商品の過剰生産が一般化して価格が暴落し,企業倒産や失業が
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(3)』の画像

3
 心配事が現実に 昨日の新聞紙に、東京都におけるコロナ対策の専門会議(「モニタリング(監視)会議」)が開催され、そこで、新型コロナウイルスの感染者数が再び増え始めていることが示されました。 その現状認識は、 「さらに増加傾向が続くと、急速に感染拡大するこ
『徒然に光マイクロバブル(50)新型コロナウイルス(35)』の画像

4
ある「問い合わせ」 (株)ナノプラネット研究所の問合せ欄に、次のような内容の依頼がありました。 「私は、光マイクロバブル入浴を長い間愛好している病院の医者です。この入浴が非常にここちよく、健康によく、頭がすっきりしますので、これを手放せなくなりました。 
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(3)急がば回れ(3)』の画像

「急がば回れ」とは 広辞苑で、「急がば回れ」を紐解いてみました。 「危険な近道よりも、安全な本道をまわった方が結局早く目的地につく意、成果を急ぐなら一見迂遠でも着実な方法をとったほうがよい」 ここで、ちょっと目を引いたのが、赤字の部分でした。 「安全な本
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(2)急がば回れ(2)』の画像

4
 遠方より友来る 昨日、かつて同じ職場にいた同僚で、今はM大学教授のK先生が、珍しく来社されました。 なつかしく「遠方より友来る」の想いが脳裏を過りました。 先生とは、若い時から、私の研究室によく来られ、私が淹れたコーヒーを飲んでは語り合う仲でした、 な
『友、遠方より来る』の画像

4
トトロの歌 最近、ユッツのお気に入りが「となりのトトロ」の歌です。 この歌を唄いながら、ピアノの鍵盤をたたく、太鼓やバケツの底をたたくのが好きです。 お父さん、お母さんが二人とも音楽好きなので、ユッツも、その血筋を受け継いでいるのではないかと思います。 
『ユッツ(27)』の画像

3
 困ったことに、昨日の朝からインターネットが停止したままで、本ブログの記事を更新できませんでした。 こんなとき、まず、「時間を置けば直る」という経験がありますので、それを待つことにしました。 ところが夜になっても、それが直らず、次の対策を講じました。 中
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(2)』の画像

3
 昨日、第32回ナノプラネットゼミが開催されました。 最初は、YO氏による「廃校利用問題」についての話題提供でした。 最近における廃校の件数は、文部科学省の調査によれば6000件を超えているそうです。 いかに、凄まじい人口減少が地方で起きているかを象徴する現象を
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(1)』の画像

 下記の日程で第33回記念のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2020年10月17日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラ
『第33回ナノプラネットゼミの案内』の画像

4
 コロナパニンデミックの下で この数日間、第4100回記念の記事のテーマを考え続けてきましたが、なかなか良いアイデアが浮かばず、「どうしたものか」と思案に明け暮れていました。 今朝になって、もう一度、それを考え直していて、本題が一番良いのではないかということ
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(1)急がば回れ(1)』の画像

 コロナの第二波感染の拡がりのために約1か月半の中断をしていました。  下記の日程で第32回記念のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2020年9月12日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市
『明日は第32回ナノプラネットゼミが開かれます(再案内)』の画像

↑このページのトップヘ