マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2020年08月

「へたり込み」と「あきらめ」 コロナ恐慌の特徴は、人々の動きや実体経済を止めたことにあります。 その最も深刻な打撃を受けたのが、観光業、航空交通産業、飲食などです。 自主的休業に対し、貧困な補償しかしないために、今では、「二度と緊急事態宣言を発することは
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(25)「へたり込み」と「天命」』の画像

3
 先日、中津市へ、歯の治療に行ってきました。 その後、私の歯においては、上下ともに型が作られ、その嵌めこみがなされましたが、それらが破損するという不具合が起こっていました。 どうやら、私には寝ているときに歯を強く噛む癖があるのではないかという指摘を受けま
『国東の食環境(294)丸清の「お任せ定食」』の画像

4
半沢直樹(2) 唯一の地上波視聴番組、それが「半沢直樹」です。 互いの知恵でやったらやり返す、これがゲームのように攻守逆転で繰り返されていくことがおもしろいですね。 第二回の冒頭は、半沢直樹が得意な剣道のシーンでした。 私は、幼いころから大学生まで剣道をし
『イデオロギー好きの国民性と科学の受容(4050回記念)(2)』の画像

4
コスモスの開花 私の住む国東市武蔵町の向陽台では、梅雨が明けると同時に、早くもコスモスが咲き始めました。 ここ向陽台は、海抜40mのところにあり、周囲は広大な森に囲まれていますので、平地と高原地帯の中間的な気候ではないかと思っています。 夏の盛りはお盆までで
『親玉饅頭の「鬼瓦最中」』の画像

4
 今は、本当に「感染漸増段階」か? 東京は、先日の国会で児玉龍彦先生が予言したように、「大変なことになる」から「目を覆うようなる」の事態へと移行し始めました。 慌てて政府の分科会が開催されましたが、この結果は、予想通りのお粗末なものしか出てきませんでした
『徒然に光マイクロバブル(46)新型コロナウイルス(34)』の画像

↑このページのトップヘ