マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2017年11月

 明日からは第13回マイクロバブル技術国東セミナーの交流会がありますので、1日早く、国東安岐港の市場の競りに出かけ、海の幸を確保していただくことにしました。 当日になって肝心の魚がないということになりますと、みなさんがっかりしますので、こちらも念のために前日
『国東の食環境(193)』の画像

 秋らしくなってきましたね。 新築の緑砦館の裏側を散歩していたら、陽だまりに若竹が凛として育っていたのが目に留まり、清々しさを覚えました。 若竹 明後日から二日間にわたって、第13回マイクロバブル技術国東セミナーが開催されます。 いつものことですが、このセ
『明後日からは第13回マイクロバブル技術国東セミナー』の画像

 最近、お隣のMさんが、何か事あるごとに、魚や野菜を持ってきてくださるようになりました。 先日も大きなボラ(鯔)いただき、その刺身のおいしさに感激したところでした。 そしたら、今度は炒子(いりこ)にする「生の子魚を食べますか?」というお尋ねがありました。 
『国東の食環境(192)』の画像

 緑砦館北棟(住宅・大成研究所第2研究室)が竣工されて3週間が経過し、ようやく落ち着いてきました。 とはいっても、お風呂は、天井板張りがない、そして側面の壁塗りも終わっていませんので、ようやく、これから本格的な工事が始まるといった段階でしょうか。 結局、工
『日曜日の朝(34)久しぶりにセロリ』の画像

 昨日は、株式会社プラスエム設計の山中さんを連続対談者として迎えることができました。 その折、国東の海の幸で昼食兼下打ち合わせをしましょうということになり、朝のうちに安岐港の競り市場に魚を買ってきていただきました。 そのうちの大きな鰆(さわら)については
『国東の食環境(191)コウイカ』の画像

 本日、株式会社プラスエム設計代表取締役の山中省吾さんを迎えての第1回「連続対談」を終えることができました。 山中さんとは、10数年来の仲であり、私がT高専を定年退官した折に、現在の旧大成邸(西邸)の建築を依頼いたしました。 それから5年余、今度も山中さんにお
『大成研究所竣工記念第1回「連続対談」を終えて(1)』の画像

 ドラマ『オクニョ』は、毎週日曜日の夜9時から10時までの1時間番組です。 すでに述べてきたように60分番組ですから、45分番組に見慣れている私たちとっては、そろそろ終わりかなと思い始めるころに、逆にドラマが最高潮を迎え展開し始めます。 これは私の「見ごたえ感」
『ドラマ『オクニョ』の魅力とおもしろさ(4)』の画像

 「天高く馬肥ゆる秋」になってきました。 今年の懸案だった緑砦館の建設も第二次がほぼ終わりかけ、日常の生活にもやや落ち着きを取り戻し始めています。 真に、ささやかなことですが、私にとっては、ここ、北棟の書斎(第2研究室)において過ごすようになる時間が多くな
『ブログガイダンス(51)』の画像

  教え子さんの質問に対する回答も最後になりました。 本日は、下記の⑧と⑨について回答しましょう。  ⑧その後、水中が1)飽和状態になると、2)高温高圧になった光ナノバブルは消滅出来ず、3)破裂し発光する。 この見解にはかなりの無理があるように思われます。 
『大成研究所ブレイクスルー(2900回記念)(9)』の画像

高専の内的発展論における核心的問題は、前回の記事において示された専攻科論議を踏まえ、それを本科を含めて総合的に発展させることにありました。 それを再記しながら、本科と専攻科を併せた総合的な内的発展の法則性をより深く検討することにしましょう。 青字部分は、
『高専は、どこに向かうのか(2450回記念)(18)』の画像

下記のイベントは、真に申し訳ありませんが、都合により下記の日程に変更されました。大成研究所竣工記念「連続対談」秋も深まり紅葉が始まりました10月7日に緑砦館南棟(大成研究所)が竣工されました ·      ■連続対談企画の主旨と目的  大成研究所の竣工を記
『「大成研究所竣工記念第1回連続対談」は、11日に延期』の画像

 「第27回マイクロバブル研究会を終えて」の続きです。 前回の記事の末尾に示した地域における困難突破の課題を再録します。 ①農業人口の減少を防ぎ、逆に増加に転じることができる改革を行う。 ②中小企業の減少を防ぎ、逆に発展させる方法を見出す。 ③学問の府、修
『第27回マイクロバブル研究会を終えて(2)』の画像

 先日、国東でペットのトリマーを行っているMさんが、新築祝いといって大きな俎板(まないた)を贈呈してくださいました。 長さが93㎝、幅31㎝、厚さ30㎜の大型で、材質は銀杏だそうで、とても立派なものでした。 これだと大きな鰆をいただいても捌(さば)けますねと話を
『国東の食環境(190)鰆とヤズ』の画像

壁の突破(ブレイクスルー) 緑砦館(りょくさいかん)においては、数々の壁の突破、すなわち、そのブレイクスルーが、常に重要な課題となる。 たいがいの場合、この壁は厚くて高く、そして「既成の常識」という接合がなされているので頑強である。 時には、奥行きが長す
『緑砦館物語(3000回記念)(2)壁の突破(ブレイクスルー)』の画像

 下記の日程で第9回ナノプラネットゼミを開催します。 今回は、従来の第二土曜日に予定が入り、しかも第13回マイクロバブル技術国東セミナーが翌週にありますので、今回は、そのセミナーの後に開催することになりました。 日時:2017年11月25日(土)09:00~12:30 場所
『第9回ナノプラネットゼミの案内』の画像

↑このページのトップヘ