マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2017年06月

 今回は、前回よりも10日が経過した6月1日に撮影した画像です。 この間、露地栽培おいては、かなり、その成長が遅いことが明らかになってきました。 ①露地栽培 ようやく、4つ葉目と5つ葉目が出てきました。後者の葉が出てくると、ヘチマは蔓を伸ばし始めますので、その
『ヘチマだより(4)』の画像

 現在の住宅は、2012年の3月末にT高専を定年退官した時に建てたものです。 その建築の折に、あまり深く関与できなかったのですが、建築家のYさんのおかげもあって、よい設計の家に住むことができました。 広い中庭があり、リビングと寝室が、その中庭に接して、光あ
『「大成研究所」(2850回記念)(3)』の画像

 先週の土曜日の夜、マイクロバブル仲間のK1(木原英雄)さんが逝かれたとの連絡が入りました。 近年では、メイルをやり取りし、電話でも大いに話し合っていた最も親しい友人の一人でした。 しかし、最近は、やっかいな病気に苛(さいな)まれ、入退院を繰り返されていま
『K1さんの訃報に接して(1)』の画像

 第1日目の講演5では、マイクロバブル技術の実践事例として医療福祉分野の取組みと成果が紹介されました。 これは、2013年4月からの大分県中津市におけるK病院と同付属介護老人保健施設との共同研究の成果が基本になっています。 具体的には、県と国の助成金を得て、医療
『第12回マイクロバブル技術国東セミナーを終えて(3)』の画像

 梅雨入りしての日曜日の朝、先ほどまで雨がぽつり、ぽつりと落ちてきていましたが、やや空が明るくなってきました。 日曜日の朝に書く、この記事も17回目、すっかり定着してきました。 ゆっくりと時間的な余裕を感じながら、そして、1週間を振り返りながら書くことが、比
『日曜日の朝(17)』の画像

 本日は、(株)ナノプラネット研究所会議室において第4回ナノプラネットゼミが、9時~12時半まで開催されました。 参加者は6名、そろそろ、このゼミも定着し始めたようです。 最初の話題は、「写真の撮影および現像技術について」でした。 アナログからデジタルへ、大き
『第4回ナノプラネットゼミ終わる』の画像

 先月の30日に「八王子O」さんからペロの訃報が届きました。 そのメイルを以下に紹介しましょう。 「昨日早朝、愛犬ペロは、亡くなりました。我が家に来て16年、その前推定2~4歳?でした。 今年の4月位までは、老いは感じつつも、大変元気でした。ゴールデン期間中転倒
『ゴールドクラウンⅡ(2550回記念)「涙と奇跡の物語」(11)追記』の画像

 わが家の隣の空き地は約110坪、今度の新築案においては、これを北から順に新住居、新ハウス、研究所に分かれ、それぞれ面積においては3等分になります。 なぜ、今、そのような建築を行うのか? これは常識では考えられないことであり、その非常識を、まず少々説明してお
『「大成研究所」(2850回記念)(2)』の画像

 どうやら本日から梅雨入りのようです。 朝から大雨が降っています。 湿りを求めていた植物たちにとっては歓迎の雨となるでしょう。 しかし、この長雨が続くと、反対に土壌を弱らせ、虫が一斉に湧き出てきて、さらに病気が蔓延するようになります。 昨年の梅雨では、10
『「大成研究所」(2850回記念)(1)』の画像

 下記の日程で第4回ナノプラネットゼミを開催します。 日時:2017年6月10日(土)09:00~12:30 場所:(株)ナノプラネット研究所会議室 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラネット 参加料:無料 このゼミの特徴は、参加者のそれぞれが、自由なテーマ
『第4回ナノプラネットゼミの案内』の画像

 先週の水曜日(5月31日)に第22回マイクロバブル研究会が開催されました。 新たに二人の新入会員候補の方々もいて、新鮮な雰囲気のうちに会が始まりました。 最初は、M会員による「ヘチマの里づくり」に関する報告が前回に続いてなされました。今回は、そのヘチマの利用
『第22回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 このところ夜はぐっすり寝て、その代わり早起きするということが習慣になり、そして朝飯前に庭に出て作業を行うことが多くなりました。 早速、昨日から水に浸けていた以下の苗を各水槽に移植することから、その作業を開始しました。 1)メロン 3株 GFO-L1 2)水前寺菜
『日曜日の朝(16)』の画像

 前回の記事で示した写真は5月19日のものでした。 その後の経過を辿ってみましょう。 ①露地栽培  3つ葉目の葉っぱがやや大きくなった程度の成長であり、今だ4つ葉目は発芽していません。明らかに、露地栽培のヘチマの成長速度はゆっくりと進行しています ②水耕栽培 
『ヘチマだより2017(3)』の画像

 第1日目の講演1~3においては、マイクロバブルの基礎知識とマイクロバブルおよびマイクロバブル水の物理化学的特性を解説しました。 これらを踏まえて、今度は具体的な実践事例の紹介がなされました。 その第1は、農業利用分野に関することでした。最近の事例を紹介す
『第12回マイクロバブル技術国東セミナーを終えて(2)』の画像

  先月下旬、地元の方から七島イの苗が、かなりの数届きました。 その苗は田植えで残った分でしたが、その多さに吃驚しました。 その苗を観察すると、茎の長さは30㎝前後、一回に植える苗の数は2~4本で、その根は洗われて土がほぼ落とされていました。 さて、これをどう
『私のマイクロバブル生活研究(90)奮闘編(35)』の画像

↑このページのトップヘ