前回の記事をまとめます。

それは、「マイクロバブルが収縮するか、それとも、膨張するかで、その基本的性質に決定的な違いがある」ことでした。

前者では、マイクロバブル固有の新しい性質が生まれます。ところが、後者においては、ミリサイズの気泡と同じ空気としての性質をしめすことにほとんど留まってしまいます。

ですから、この違いは大きく、本質的なものということができます。

ところが、この区別が明確になされないまま、同じマイクロサイズであれば、性質が同じという流布がかなり至る所でなされています。

ここに、マイクロバブル技術の「生成期前期」における重要な特徴があります。

そろそろ、この過誤から脱皮して、マイクロバブルの本性をよく理解する必要があります。

そこで、前者の収縮運動について、その本質により詳しく分け入って解説を行うことにしましょう。

まず、「なぜ、マイクロバブルは収縮するのか」の問題から説明しておくのがよいでしょう。

これは、「超高速旋回式」という私が開発したマイクロバブル発生装置の性質に強く依存して起こる現象です。

そのことを最初に断っておきますが、他の装置では、ほとんど、それが起こらないか、あるいは起こったとしてもほんのわずかであることに注意する必要があります。

そのことを踏まえ、マイクロバブルを発生させる条件として以下を設定します。

①マイクロバブル発生装置(超高速旋回式、㈱ナノプラネット研究所製M型シリーズ)

②液体:水、容量10リットル程度

③気体:空気(組成は、窒素80%、酸素20%)


①のマイクロバブル発生装置を正常に稼働させるには、次のポンプ条件が必要です。

④ポンプ圧力:0.2MPa(メガパスカル)以上

⑤ポンプ流量:毎分20リットル以上(マイクロバブル発生装置の型式で異なります)


これらによって、マイクロバブルを毎分1リットル発生させることができます。

この毎分1リットルという量はかなり多いので、この量の多さも非常に重要になります。

ポンプから吸入された水が超高速旋回式マイクロバブル発生装置に導入されます。

この装置の特徴は、その旋回速度の速さにあり、それは毎秒500回転という、これまでの常識では考えられないほどの速さです。

ここに、マイクロバブルを発生させる時の原理的特徴があります。

この超高速旋回によって、マイクロバブル発生装置内においては強力な旋回流が形成されます。

装置の中で、毎秒500回転の竜巻が起きていいることを想像してみてください。この竜巻部分が空気であり、その竜巻の周囲に水が存在しているのです。

このとき、周囲の水とともに空気も一緒に高速で回転しているのです。

次に、その空気は、どこからやってきたのかが問題になります。

その空気は、装置の上部の中心部にある小さな孔から吸い込むことで、装置内の竜巻が形成されるのです。

このとき装置内の空気の部分はマイナスの圧力を帯びていますので空気を吸い込む、すなわち自吸できるのです。

装置内の水の部分はプラスの圧力であり、その中心部だけにおいて圧力がマイナスになりますにで、ここから外部の空気を吸い込むのです。

ここで注意を要することを述べておきます。

それは、マイクロバブル発生装置と称するもののなかで、この空気吸入孔がないものがあります。

これがないと、その空気吸入量が極端に少ないために、当然のことながらマイクロバブルの発生量も極少になります。

そのことをきちんと説明せずに、マイクロバブルを発生させると宣伝している装置もありますので、注意をなさってください(つづく)。