マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2015年09月

 スーパー「エース」が、地域の人々に受け入れらている理由は、その安さと品質にあります。 地域の方々の購買力に則して、薄利を追求しているからだと思います。 これに対し、他の都市にもあるチェーン店では、この薄利方式の適用が難しくなっています。 そのため、品物
『おもしろきことなき世の中を(6)・国東の食環境(88)』の画像

 地元のスーパーはいくつかがありますが、その中で特異な存在としての「スーパーエース」があります。 「このスーパーがなくなると、ちょっと、いや、だいぶ困ってしまう」 これが家族の、それぞれの思いです。 スーパーエース  その「スーパーエース」の店頭写真を示
『おもしろきことなき世の中を(5)・国東の食環境(87)』の画像

第4回マイクロバブル研究会の案内第4回研究会を下記の日程で開催します。日時:2015年10月29日(木)18:00~20:00場所:㈱ナノプラネット研究所会議室テーマ:農業利用講演:マイクロバブルの植物活性と農業利用問題 話題提供:地域の農業の現状と可能性前回は、別府市や

 コンビニがないと生活することができない。 この状況が、日本社会の至るところで出現しています。 とくに、行動範囲が狭い高齢者にとって、コンビニはなくてはならないものになっています。 「コンビニがないから、田舎では生活ができない」 このように仰る高齢者の方
『おもしろきことなき世の中を(4)・国東の食環境(86)』の画像

 本日は、表記の題目にあるように、2つの問題を一緒に考えることにしましょう。 「はたらけどはたらけど 猶わが生活楽にならざり ぢっと手を見る」 これは、石川啄木の『一握の砂』にある有名な句ですが、それから、世の中が発展して豊かになってきたはずですが、多く
『おもしろきことなき世の中を(3)・国東の食環境(85)』の画像

 第3回のマイクロバブル研究会が、なごやかに、そしてじっくりと開催されました。 参加者は14名、会場が一杯になりました。 冒頭、「マイクロバブル洗浄」と題して、講演をさせていただきました。 どうやら、研究会の冒頭で私がささやかな講演を行うことが定例化してしま
『おもしろきことなき世の中を(2)』の画像

 本日は、第3回のマイクロバブル研究会が㈱ナノプラネット研究所において開催されます。 この研究会が、徐々に盛り上がっています。 NHK大河ドラマでもおなじみの吉田松陰が主宰した「松下村塾」の弟子たちが、藩や日本国を背負って活躍されています。 この松陰の教えの
『おもしろきことなき世の中を(1)』の画像

 8月の初旬に植えた加賀太キュウリの収穫が始まりました。 体長は20㎝、直径は6~7㎝もありました。 気になって、そのサイズや価格をネット上で調べてみました。 まず、大きさは、季節がらでしょうか、ほぼ同じ大きさのものが出回っていました。 しかし、その価格につい
『植菜物語(2100回記念)(25)』の画像

 先週末の旅の疲れが、ようやく抜けてきたようです。 2週連続での下松行き、そして今回は3度目の旅となりました。 2015年9月19日は、私にとって「忘れることができない日」になりました。 その前日には、全国的に大きな画期をなすことが起きたようで、その翌日には、それ
『忘れることができない日』の画像

 下松から帰った日からは、しばらくの養生期間が必要です。 なにせ、朝から夕方まで作業を行いますので、それが蓄積しているからです。 まず、身体のなかに違和感があります。 喉が渇いて水分を補給したくなります。 机についても、すぐに眠気が襲ってきて、うつらうつ
『私のマイクロバブル入浴研究(96)』の画像

 19、20日、山口県下松市に出かけていました。 8月下旬から数えると、三度目の下松行きとなりました。 今回は、残されていた装置の仕上げと点検を行うことが主な作業でした。 すでに、この里山地区には秋本番があり、彼岸花がたくさん咲いていました。 その上にある稲田
『彼岸花』の画像

 今朝は6時過ぎに起きて、7時過ぎに自宅を出発しました。 これで4週連続の週末出張、下松行きも3度目になりました。 その下松行きの目的は、➊組み立てが残っていた装置の組み立てと仕上げを行うこと、❷すでの2週間前から稼働し続けている様子を観察し、点検すること、そ
『三度目の下松行き』の画像

 この数日間で、2000年余の歴史を有するわが国の歴史は、大きく変わっていったのではないかと思います。 それを山に例えれば、峠や頂きを踏み越えたことになります。 これまでの登りが逆になり、下る一方になっていったことを意味します。 また、それを海に例えれば、潮
『歴史が変わった日』の画像

 今年の夏は、ヘチマと共に過ごしたような気がしています。 蔓が伸び、花が咲いて実が生りました。 おそらく、その数は数十本に達したのではないでしょうか。 おかげで、ヘチマの天ぷらや煮込みに舌鼓を打つことができました。 おまけに、ヘチマの花には、ミツバチが寄
『植菜物語(2100回記念)(24)その後のヘチマ』の画像

↑このページのトップヘ