マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2012年12月

いよいよ師走に入りました.本日は,どんより曇った冬の空です. 4月以来8カ月が過ぎ,こちらでの新しい仕事や生活が始まり,そして徐々に定着してきました. そのなかで,新しい課題もようやく観えてきました. その第1は,「地域に根ざした技術」を開発し,確立す

先日の水路作りの際に,無理な姿勢で作業をしたために足の指に豆ができてしまいました.そのせいで,作業のペースがやや遅れ気味です. 本日は,上流のタンクの設置と下流の堰および配管を行いました.明日水漏れをチェックして問題なければ流水開始となるでしょう. こ

↑このページのトップヘ