マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2012年12月

今日は大晦日、2012年も最後の日を迎えています。昨年とは、うって変って、静かな大晦日です。 朝から大粒の雪が降ったり止んだりで、この日本の地中海と呼ばれる国東半島でも寒いのですから、日本列島全体が冷え込んでいるのでしょう。 29日から、沖縄の子どもたち3人を含
『師走2012(11)・竹田の水(7)』の画像

車中で、河宇田湧水のマイクロバブル風呂の効果が、さらに明らかになってきました。 いつもと比べて短時間の入浴にもかかわらず、入浴後の肌触りがじつによく、皮膚の滑らかさにおいて、気持ちの良い格別のさわやかさを感じていました。 --- これがメタケイ酸の効果な
『師走2012(10)・竹田の水(6)』の画像

幸いにもマイクロバブルの試験入浴をしたいという希望があり、その装置を現地で設置している最中に尋ねてみました。 「この風呂の水は、水道水ですか?」 「ここには、昔から水道がありません。みな、湧水を使って料理をし、風呂に入っています」 これを聞いて、私は小
『師走2012(9)・竹田の水(5)』の画像

小雨のなか、午後から車は竹田市に向かいました。 国東からは、大分空港道路で速水インターへ、そこから高速道路を乗り継いで大分米良まで行き、そこから57号線で一路西をめざしました。 途中、道を間違えたのでしょうか。昔の国道における山越えになり、竹田という土

「竹田の水」に出合って考え始めたことは、水の「おいしさとは何であろうか」、ということでした。 これがわかっているようで、なかなかわからないので、インターネット上で少し調べてみました。 そうすると1985年に厚生省の「おいしい水研究会」が定めた「おいしい水の

届いたのは、河宇田湧水の源水と、それを処理した『竹田の水』でした。 かねてより、この水が非常に美味しいと聞いていましたので、一度現地を訪ねて試飲をしてみたいと思っていました。 それが竹田出身の知人を通じて、先に届くことになり、感謝、感激の事態となりまし

あの「荒城の月」で有名な大分県竹田市の湧水が届きました。 かねてより、この水が美味しいといわれていましたので、それを味わってみたいと思っていました。 大分県には、すばらしい湧水群がいくつもあり、この地域資源を、いかに有効に、可能であれば最高度に活かすか

本日は世間でいうクリスマスイブの日、いろいろなイベントが世界中で行われたようですね。ここ国東でも、昨夜は雪景色でした。 寒くなってきました。午前中は実験と観察を済ませ、午後からは入院中の姉を見舞いました。その帰りに、道の駅の「黒津の庄」に行き、ウリと菜っ

昨夜は、帰りが遅くなったので水槽の魚がどうなったかを確かめないままでした。 朝起きて私の最初の仕事は、実験中の各種水槽の装置を動かすために、そのスイッチを入れることです。 いつものように、それらの始動を済ませ、気がかりだった水槽のブルーシートを取り除き

例によって、講演がある日の朝は忙しく、その準備に追われることになりました。 そのために、土曜日の朝恒例のセリに行けませんでした。しかたなく、生きた魚を買ってきていただくように家内に依頼しました。 そしたら、景気よく生きた魚がたくさん届き、これはクリスマ

例によって、講演がある日の朝は忙しく、その準備に追われることになりました。 そのために、土曜日の朝恒例のセリに行けませんでした。しかたなく、生きた魚を買ってきていただくように家内に依頼しました。 そしたら、景気よく生きた魚がたくさん届き、これはクリスマ

いよいよ師走らしくなってきました。昨年までですと30日ぐらいまで仕事をし続け、大みそかから正月にかけて年賀状を書くということが定例化していました。 今年は、この師走事情が異なり、比較的ゆっくりと黙考ができる時間が増えているようです。 明日は、大分市で小

海水を入れた水槽にマイクロバブル発生装置を転用しましたので、植物用の装置が足らなくなりました。 そこで、新たにマイクロバブル発生装置の追加を検討することにしました。 中古の装置のなかからM2-L型とポンプを選んで試したtころ、流量が多すぎて水が上流のタンクや

昨日は朝から夕方までほぼ終日の面会を受けていました。 これだけ長く、本格的な話し合いはなかなかなく、おかげで、ふかくておもしろい、そして、おもしろくてゆかいな一日となりました。 さて、4月以来、この国東に移住して9カ月目を迎えています。その新生活におい

今朝は珍しく朝ごはんを食べる時間がありませんでした。 9時半に東京からお客さんを迎えることになっていましたので、そのつもりでマイクロバブル風呂に入っていました。 そしたら、電話連絡が入り、依頼していた海の試験生物が届けるために、こちらに向かっているとい

↑このページのトップヘ