マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2011年12月

それから、その住居では、広い庭があり、リンゴの木が何本もありました。子供たちは木のぼりをし、サッカーをすることもできました。 その庭で、とくに気にいったのが、リビングのすぐ外にあったテラスでした。ここには、木でできた専用の寛ぎ椅子があり、ここに出ては、ブ

大分県宇佐市は、私の故郷です。ここにある土地に、初めての住居を建てようかと計画を練っていましたが、そこに通じる道路がないために、それが困難であることが判明し、その家づくり計画も頓挫していました。 長年、官舎住まいで、それは、私の師匠のS先生の生き方を真似

↑このページのトップヘ