マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2010年06月

 サッカーワールドカップは日本の裏側で進行していますので、テレビ放映の時間の昼と夜が逆転しています。 試合によっては、日本時間の3時からとか、夜の11時からとまちまちで、そのたびに、起きて観るのか、寝て観るのかを決めなければいけません。 かといって、すべての

 ワールドカップジャパンチームの快進撃が止まりました。しかし、ベスト8をかけての試合は素晴らしいものでした。一進一退の大熱戦、若い力同士がぶっつかり合いました。 もちろん日本チームの勝利を期待させていただきましたが、その延長戦が終わった時点で、ここまできた

  本田選手の無回転キックの秘密の第一は、その靴にあったということで、それが連日マスコミに取り上げられるようになりました。 靴メーカーにとっては、絶好の機会が訪れたようで、すでに同じタイプの靴が7万足売れ、今後も10万足を増産するとのことのようです。 さて、

 本田選手は、なぜ、あのように素晴らしい無回転のフリーキックを蹴ることができたのか、多くのみなさんが、この疑問を持ったはずです。 なぜ、回転しないのか、回転しないと予想できない弾道の揺れが生まれる、それはなぜか。 さらには、本田選手は、どのようにして、そ

 ワールドカップデンマーク戦をはらはらしながらテレビ観戦しました。その日は早く起きて、ひとりテレビを観させていただきました。 戦いの形が決まったのでしょうか、組織戦を行うチームにとって、それが定まると、あのように素晴らしい戦いができるのですから、それ以前

   「地域産業資源」としての農林水産業を活かす、この課題は、いろいろなところで試されています。 たとえば、四国の小さな村では、柚子を特産にして復興を遂げ、その加工品までも作るようになりました。   長野県における小さな村の「おやき」、沖縄では「海ぶどう」

 5. 水圧実験  一番前の席の生徒が一番早く手を挙げたようで、彼(A君)を指名しました。彼に、実験机の上に登っていただき、私の合図とともに、この板を押してくださいという要領を教えました。 これは、水槽の中に隔壁を置き、片方の側に水を入れていきます。隔壁の中央

   本日は、毎週続けている勉強会の第8回が開催されました。その話題提供者がH君でした。彼によって、この2か月余の農園づくりの中間報告がなされました。 それによれば、水槽や池で水耕栽培をしようとしている植物の種類は35もありました。 「とにかく、いろいろなっ

 空気袋で生徒を持ち上げる体験的実験を行うと、教室の状況が楽しさで一変します。 何人持ち上げられるかという興味を誘い、さらに持ち上げる様がスリルがあってとてもおもしろいようです。 今度は、これと同じパスカルの実験をストローと風船を用いて全員で行うことにし

 「自立できる経済」、これは、全国の自治体において最上位近くに掲げられているスローガンです。 この目標をいかにして達成するか、これが問題ですが、その具体的方策は、前回も述べたとおりであり、次の2点にあります。 ①「地域産業資源」を最大限に活用することで、

 さらに、体験的学習を進めることにしました。 「次の新しい実験をやりたい班は手をあげてください」 勢いよく、こういうと、今度は、すぐに手が挙がりました。一番早かったのは女子ばかりの班でした。 今度は、同じ圧力に関係していますが、「パスカルの原理」に関する

 周南市大華中学校3年生を対象とした出前授業の続きです。 土砂災害の様子や映像を見ていただいたこと、そして私どもの「水の恐ろしさ」に関する体験談を述べると、生徒のみなさんは、幾分緊張気味で聞いておられました。 その「第1部」が終わり、実際に体験的実験を行う

 今年も、梅雨が本格的になってまいりました。しとしとと、長雨が続いています。 この雨に、せっかく育ててきた植物を、そのままさらし続けるわけにはいきませんので、簡易的なビニールハウスを作ることにしました。 足場用鉄管を組み立てて、その上に透明ビニールシート

 本日は、出前授業をするために周南市にある中学校に出かけました。受講者は、3年生の34名、保護者や先生方など多数の方々が参加されていました。 授業は、朝の10時50分から12時40分までの110分間、出前授業にしては比較的長時間にわたるものでした。 「今日は、いつもよ

 早朝の窓辺からは、涼しい風が吹いてきています。 例によって、2つの新聞を持ち込み、たっぷりとマイクロバブル入浴を済ませました。本日の新聞紙上では、なんといってもサッカーワールドカップにおける初戦の勝利がハイライトでした。 その記事によれば、約70%近くが勝

↑このページのトップヘ