マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2009年05月

 親しい友人のみなさんに,お配りして試飲していただいたマイクロバブル 酒「錦」の感想が寄せられ始めました.その一部を解説付きで紹介させ ていただきます.  「昨夜,早速いただきました.冷蔵庫に入れて30分あまりのほとんど冷

 大型の連休が始まりました。天候もよくさわやかな季節の始まりですが、毎年、この連休においては、溜まった仕事をこなすことを常としており、今年もそうなりそうです。そのため、かつては、どこにも行けない子供たちに申し訳ないと思いながら過ごしたのですが、いまでは、

 午前中に㈱APJに到着し、山根社長とマイクロバブル野菜やそれを軸とした農商 工連携の問題について意見交換をし、それぞれにおける共同の役割分担の明確 化を行いました。 そして、昼はマイクロバブル野菜の「しゃぶしゃぶ」をたっぷりと御馳走になり、そのおい

↑このページのトップヘ