しっかり歩くようになり、言葉も覚え始めた「しらたまちゃん」のことを、しばらく書いていませんでした。

最近は、アウトドアが好きらしく、とくに、自宅の庭につくられた小さな砂場を気に入っているようです。この砂はおじいちゃんとおばあちゃんからのプレゼントだそうです。

この砂をつかんでは投げ、山を崩すのが好きなしらたまちゃん、うれしくなって、この砂場の周りをはしゃぎまわっていました。

言葉も、いろいろと覚え始め、少しずつ自分の主張ができるようになりました。そのなかで、とても便利な言葉を身につけました。

それは、「っかい!」という言葉です。「もう1回」の短絡言葉を、このように発するようになりました。同時に、指を1本立てて、顔の前に持ってくるしぐさも伴います。

何か気に入ると、これを連発します。

しかも、気に入れば気に入るほど、そういって要求してきて、これが延々と続くことになります。

気持ちがよくて、楽しいことが起こると、「っかい!」を連発し、要求するのです。

飛行機ぶんぶん、お馬パカパカ、そして、美味しいお茶を飲ん後のお代りにおいても、「っかい!」が必ず出てきます。

誕生日ではケーキにロウソクを灯して、「ハッピィーバスデイ」を唄った後にも、この言葉が出て、ローソクを灯しては唄うをいつも数回繰り返し、楽しい時がしばらく続きます。

こうして楽しいこと、気に入ったことを何回でも繰り返し、その楽しさをとことん追求する、これがしらたまちゃんの特徴のようで、これはとても大切なことだと思います。

近頃は、このような楽しさの追求が少なくなってきたのではないでしょうか。それだから、余計でも、このしらたまちゃんの要求が目立つのだと思います。

楽しいこと、美味しく思ったこと、そして、好きなことを、とことん、満足するまで繰り返す、それによって、楽しさ、美味しさ、好きなことをとことん知り、マスターする。

すなわち、体験的に学習する、これは大人になっても大切なことのように思います。

「っかい!」は、その人間の原点がどこにあるかを教えているのではないでしょうか。

「っかい!」

便利で、大切な言葉だと思います。

私も、そのような機会が訪れたときには、この言葉を発してみたいと思います。

つづく

DSCN1708