国東市向陽台にある㈱ナノプラネット研究所の前にある花壇に、一輪の白百合が咲きました。

それが、この写真の花です。

Yuri-1

この白百合は、山口県周南市の自宅の庭に咲いていました。この辺りは、白百合がたくさん咲いていて、その種が我が家の庭にも飛んできて生えたのだと思います。

その種を引っ越しの際に、こちらに持って来て、それを植えたところ、このように立派に咲いてくれました。

山口県から、大分県へ移って立派に根付いてくれたので、その生命力のすばらしさに感心したしだいです。

この白百合の生息に関しては、あるとき学会の会長としての巻頭言に書かせていただいたことがありました。

それは、家の庭に咲いていた背の高い白百合が、家の周囲にもたくさん生息しており、さらに、山口県から南下する高速道路の路肩にもたくさん咲いていて、これは「白百合列島」だと感激したことがありました。

また沖縄では、終戦後の浜辺に白百合がたくさん咲いていて、白百合合唱団ができたという話もあり、この白百合の可憐な広がりを学会の発展に例えて示したことがありました。

今度は、この向陽台から、白百合の種が飛んで行って、そこらじゅうに白百合の台地ができあがっていくのですね。これから、その形成が楽しみですね。