2007年10月、南信州の阿智村にある「湯ったりーな昼神」の露天風呂にマイクロ

バブル発生装置が設置されました。

以来、この地を訪れるたびに、この露天風呂に入りつづけて、おそらく、その回数

は20を超えていると思います。この入浴体験によって、そのマイクロバブル風呂の

良さが徐々に明らかになってきました。

まず、旅行の帰りに疲れなくなった、体がなんとなく軽くなっていることに気付きま

した。しかも、山口に帰ってからも少しハイテンションになり、声がよく出るようになっ

て公の席でも良く意見をいうという積極性が目立つようになりました。この変化が気

になり、同行の方々にも様子を聞いてみました。

最初はK先生、阿智村からは、名古屋経由で夜行列車で鶴岡まで帰ります。不惑

の歳に近い年齢ですから、旅行で疲れないはずはありません。それでも気になっ

て、帰宅後の彼に、「さぞかしお疲れでしょう」と毎回聞くのですが、きまって、そうで

はない、「湯ったりーな」のマイクロバブル風呂のおかげで疲れが出てきませんとい

う返事をいただきます。

次はH先生、60数歳の方ですが、あるとき阿智村から名古屋に向かうバスの中で

うとうととまどろんでおられましたが、後で、その後を聞くと、名古屋から東京までの

新幹線が満員で、立ったまま帰られたそうですが、疲れはどうでしたかと聞くと、そ

ういえばなんともありませんでしたという返事でした。通常では考えられないこと

だったようです。

最後はI先生、この方は50代半ば、ご多忙の毎日のようで、前夜は、「湯ったりー

な」とは異なる風呂に入ったときに目まいで倒れられ、とても心配な方でした。ところ

が、この「湯ったりーな」入浴で元気になられたのでしょうか、帰りは見違えるように

なり、ご自分でもよく持った、疲れを感じなかったとまでいうようになりました。

私を含めて同行者4人の脱疲労感に関するほぼ「完全な一致」の証言を得て、私

は、この入浴には「とてつもない重要な何か」があるなという確信を深めるようにな

りました。単なる脱疲労感だけではない、そこから何が生み出されるのか、そして、

それをどう表現したらよいのか、この「重要な何か」を探る思考を重ねることにしま

した。幸いなことに、私には、水道水マイクロバブル入浴における長い体験(その開

始は、1995年で誰よりも早いはずです)があり、温泉においても、その効果を観察し

てきました(これについては、機会を得て紹介させていただきますが、気になる方

は、拙著『マイクロバブルのすべて』日本実業出版社をご覧ください)。

この探索において最も効果的な方法は、その「湯ったりーな」に浸かってひたすら

考えることでした。以下は、その体験において見出されたマイクロバブル効果で

す。

疲れた身体で「湯ったりーな昼神」の露天風呂に入る。まず、最初に感じること

は、入水した足の変化であり、温泉水が一挙に浸み込んでくる感覚を抱く。続いて

身体も浸けると、同じように浸み込む感覚がわいてくる。静かに目をつぶると、言い

ようもない「ここちよさ」が身体の奥底から湧いてくる。気がつくと、手には少し「うず

く」ような反応があり、やがてそれは足にも発生する。これは一種の軽い痙攣にも

似た現象であり、マイクロバブル入浴で起こる特徴でもある。ここで毎回驚くのであ

るが、身体の「痛い部分」の痛みが、みるみる消えていくことである。この痛みの軽

減や解消は、マイクロバブル発生装置を手に持って、直接、その痛い部分にあてる

と、それが実現されるのであるが、この温泉では、それを痛い部分に当てる必要は

なく、ただ入るだけで解消するのである。手足の筋肉や筋を抑えると必ず痛い部分

があるが、それらが数分間でほとんどなくなるが、これには毎回驚かされてしまう。

昨年、プロ野球で活躍している現役投手と話をしたが、そのときに、この経験が

役に立った。彼らは、自らを酷使して、その限界に挑みながら勝負をする戦士たち

であるが、それを終えると酷使した筋肉や筋をマッサージして元に戻す作業を毎日

行うトレーニングを行っている。酷使して硬くなった筋肉や筋をほぐすことがいかに

大変か、そして球速を取り戻すことがいかに重要かをよく知っていることから、その

彼に、私は、こういった。

「マイクロバブルを痛いところに当ててください。すぐに痛みが軽減、そして解消さ

れます。それは、長い時間をかけてマッサージを行うことと同じですよ」

こういうと彼の眼が輝き始め、「ぜひ試してみたい、使いたい」と言い始めました。

マッサージを行い、筋肉がほぐれたあとの「ここちよさ」、これは誰でも自覚できるも

のであり、それが入浴だけでできるのですから、そのことに私が毎回驚いたのも無

理はありません。おまけに私は、大変な肩こり症で、旅行で重い鞄を持ってきます

ので、肩が石のように硬くなっています。この石のように硬い肩も例外ではなく、す

ぐにほぐれて柔らかくなります。まるで狐につままれた気分になるのですが、そこに

あるのは狐ではなく、マイクロバブル温泉であり、やわらかくなった私の肩があるだ

けですPhoto_2

「痛み」や「凝り」がなくなること、これは健康においてとても大切なことといえます。これには深い意味があると思っています。左は、湯ったりーなの露天風呂でマイクロバブルが発生している様子です。