鱧で明確な相異が生まれるのであれば、ヒトでも同じ効果が現われているのではないか。こ

の仮説が、本問題を解明する重要なヒントとなりました。獰猛な鱧が借りてきた猫のようにお

となしくなる、その原因を解明するために、漁師の証言を参考にしながら、2つの相反する現

象を比較してみましょう。 

イライラ獰猛鱧         ゆったりマイクロバブル鱧 

●傷ついていない(すぐ死ぬ)  ○傷ついていない、傷が治る 

●腹を空かしている       ○満腹感があり、満たされる 

●攻撃性・噛みつく(恐れる)  ○安心して泳ぐ(安心立命)

●ストレスを感じる       ○海の中と同じでリラックス

●病気で痩せている       ○丸々太って健康的

●元気がない(尾ひれが寝る)  ○元気(尾ひれが立つ)

●皮膚の色艶が悪く、赤い    ○色つやがよく、黒い

 現象的には、両者において明らかな相異が認められます。それで

は、これを参考にしてヒトの場合も考えてみましょう。

  イライラ人間      ゆったりリラックス人間

●心身が傷ついている          ○健康で心身の痛みがない

●空腹だと怒りやすい           ○満腹だと満ち足りて怒らない

●欲や精神的歪が攻撃性の元   ○豊かさ、健やかさ、平和

●ストレス禍で苦しむ             ○リラックスを楽しむ

●病気で痩せ、悩み苦しむ      ○健康で人生を楽しむ

●元気がなく、暗い             ○元気にあふれ、明るい

●皮膚の色が悪い、カサカサ   ○皮膚が輝き、つやつや

 

ほぼ同じような比較が可能で、現象的には大差がないように思わ

れます。そこで、両者の身体的特徴を検討しますと、ともに脳と神

経を保有し、皮膚も持っています。

これに、マイクロバブルの物理化学的特性が作用し、上記の比較においては、左の項目か

ら右の項目へと移行する変化が起きたことが考えられます。幸い、鱧の心はわかりません

が、ヒトのことは自分で知覚、そして理解をすることができます。そこで、上記の右の項目につ

いて、「湯ったりーな昼神」のマイクロバブル入浴の結果も踏まえて、より詳しい考察を試みる

ことにしましょう。この考察、鱧とヒトに関する比較マイクロバブル学ともいえそうで、楽しい頭

の体操になるような気がしています。

ついでに、これから本格的な鱧料理の季節になります。上記の周南市の鮨屋(正喜越)で

は、それが名物料理になっています。とくに、鱧の「しゃぶしゃぶ料理」は最高で、冬の河豚

にも対抗できるすぐれものです。因みに、マイクロバブル水槽の鱧、それを料理

るときに元気がよく、暴れて困ると、この鮨屋のご主人が言われていました。もちろん、リ

ラックス鱧の味もよいそうで、イライラ鱧とは大きく異なるようで、私は、いつも前者の鱧を

賞味させていただいております。