20079月、日本高専学会内に「ブレイクスルー技術研究所」が設立さ

れ、初代所長に就任させていただきました。この設立目的は、文字通り、

「ブレイクスルー技術」を研究開発し、日本社会に根付かせることにあり

ます。

  ところで、「ブレイクスルー技術」とは何か、目新しい用語ですが、こ

の技術の開発と確立が重要という認識に到達し、これを、「人々の生活や

社会の産業を一変させることを可能とする技術」と定義することにしまし

た。過去においては,羅針盤,火薬,印刷機,電球,自動車,レーザー,

携帯電話などを生み出した技術が、これに相当します。

 私は、ひそかかに、マイクロバブル技術が、この「ブレイクスルー技

術」に発展する可能性があるのではないかと思い始めています。この思い

は、これまで行ってきた数々のシンポジウムやセミナーを開催させていた

だいた経験に基づいていますが、その度に、少なくない参加者のみなさん

が、真に、その発展を求めている技術であるという確信を深めてきまし

た。

 そこで、4年間勤めた日本高専学会の会長職を辞するときに、「ブレイク

スルー技術研究所」の設立を考えました。ブレイクスルー技術の広い適用

分野と優れた特徴を考慮すると、個人的取り組みや、それに近い規模で

は、この本質的発展を得ることには到底至らないことは明白であり、その

基盤形成のための最初の手段として、本研究所の設立を行うことにしまし

た。

 今のところ、高専を中心に4人の研究所員と10数名の研究協力員で構成さ

れ、順調な滑り出しといえます。すでに述べてきたように、本研究所にお

ける最初の活動の試金石が、長野県阿智村における活動であり、その実績

が「ブレイクスルー技術研究所阿智」設立へと結びつき、とても重要な橋

頭堡を築くことができました。

 それは、マイクロバブル技術を次の3つの課題を中心に実践的に試すこと

ができることにあり、さらに、それを高専教員や学生を基本とする「共同

実験の場」して、自らも「ブレイクスルー」する可能性を追求することに

あります。

  (1昼神温泉の振興と「昼神温泉学」の確立

 昼神温泉の振興を実現するために、昼神温泉水の研究を行い、昼神温泉

学の確立を目指します。

 (2地域資源を生かした産業振興

 自然を生かした農業イノベーションの研究開発を行い、新たな阿智村農

業を創造します。

 (3「元気高齢者づくり」

 「元気高齢者づくり」を基本に、女性、若者、子供たちの人材育成にも

取り組みます。

 ブレイクスルー技術研究所は、阿智村と協定書を正式に取り交わし、こ

れらの課題実現をめざしますが、この発展を単に阿智村に留めることな

く、全国の自治体にも適用できるモデルにしたいと思っています。

 この活動において最も大切に思うことは、その意義をしっかり理解して

楽しく協働することにあります。この活動スタイルを研究するために、映

画「7人の侍」を繰り返し鑑賞させていただきました。彼らは、最初、「米

の飯が食べられる」という条件だけで雇われますが、その動機において

「本質的な変化」を遂げるようになります。それは自らの「戦い」に目覚

めたことにあり、彼らも、農民も共に自立し、協働する「戦い」へと変貌

していきます。

 敵は、鎧兜を身につけ、鉄砲と馬を持っており、幾多の戦乱を生き抜い

た野武士の盗賊、武器や実戦力においては圧倒的に劣勢であり、それに打

ち勝つには、「知恵」と「教育的訓練」しかありません。そのクライマッ

クスである最後の戦いでは、圧倒的に勝る作戦の下で、その教育成果を活

かしながら敵を殲滅(せんめつ)していきます。

 これを阿智村に適用すれば、作戦を勝利に導く「知恵」に相当するもの

の中心は、「マイクロバブル技術」です。これを最高度に洗練して適用す

ることに、その活路の「糸口」があるように思っていますが、その「一

部」は、すでに私どもの目の前に見え隠れしています。

 そして、「7人の侍」は、ブレイクスルー技術研究所の「みなさん」と

いうことになりますが、これを確実にしていくには、私を含めてみなさん

が、まず、その実戦(実践)の意味に目覚めること、そして、具体的な勝

利(実績)を積み重ねることによって、その「戦いの基盤」を強固にして

いくことが大切です。 

  この二重の意味において、私たちが「7人の侍」になれるかどうかも本質

的に問われているような気がしています