日本高専学会では、会長職を異例の2期、4年間を務めさせていただきまし

た。おかげで、非常に貴重な体験をいくつもさせていただき、さまざまなこ

とを学ばせていただきました。

 幸いにも、会長として最初に臨んだのが創立10周年記念の年会となりまし

た。木更津高専の教員を中心とした実行委員会の尽力によって、約1000人が

参加するという画期的な成功が得られました。

 参加者の多くは、地域の親子、高専生、高専教員でしたが、これだけの人

数が集まると、物事において本質的な変化が起こり、その後にも小さくない

影響を与えることを理解しました。

 まず、なぜ、これだけ多くの人々が集まったのか、これを考えましたが、

その答えを見出すことは、ある意味で簡単でした。

 それは、みなさんが集まるだけの魅力的な企画を実践していたからで、そ

の企画性において、いかに知恵を絞るかが非常に重要であることに気付きま

した。つまり、多くのみなさまの要望に応えることで社会に役立つこと、こ

れをストレートに追及し、そこに活路を見出していけば、その取組は必ず成

功し、発展することを学びました。

 以後、この方針に基いて、大都市や地方の各都市で、シンポジウムや

フォーラムなどを開催してきましたが、いずれも200名前後の多数の参加者

を得て、貴重な成果を得ることができました。

 また、これらの取り組みは、日本混相流学会と日本高専学会の共同でなさ

れ、両学会の社会的貢献活動における重要な役割を果たす結果の一つともな

りました。

 しかし、これらの成功の影で、次の重要な反省も生まれてきました。

 シンポジウムやフォーラムは単発的な取り組みに終わりがちで、それら

を支える持続的な研究主体の基盤形成において不十分さがあった。

 技術に関する社会的実践が少ないか、あるいは一部に閉じ込められてい

て、それが共同を実現する制約の壁になっていて、それを広げることがで

きなかった。

 大学・高専や企業における研究においては、先端技術を究明することに

おいては非常に熱心であるが、それとは異なる未知の分野の研究開発には

意外と関心が払われていない。しかし、その異分野に足を踏み込もうとす

ると、素人から学問を学ぶことを出発しなければならない。

 これらは、巨匠のゴッホが、次のように語って、必死で乗り越えようとし

た「見えない鉄の壁」と同じものですが、私たちの前にも、それが立ちはだ

かっていました。

  「私の望んでいるものと、私の能力との間に存在する見えない鉄の壁を

どう乗り越えるか」

  彼は、その壁を見出し、乗り越えるために、いくつもの影響を受けなが

ら、ひたすら絵を描くことに徹し、徐々に自分の「かたち」を形成していき

ました。しかし、残念ながら、それを本当に理解したのは、彼の死後の後世

の方々でした。

  このゴッホの教訓から学ぶとしますと、自らが望んでいるもの、そして

自らの能力は何か、この2つを明らかにする必要があります。その次に、そ

の両者の間に存在する「見えない鉄の壁」が何かを理解し、それを乗り越え

る実践を、ひたすら繰り返すことが重要になります。

 さらに私たちには、ゴッホができなかった社会的実践と普及を行うという

課題の実現も要求されています。

  そこで、映画「7人の侍」から、「その重要な何か」を学ぶことにしまし

た。彼らは、それまで加わった戦においては、めざましい戦果を上げること

ができなかったか、あるいは、むしろ負けてばかりの、いわば負け戦の経験

者のようでした。

 それゆえに、「飯が食べられる」だけでお百姓さんに雇われることを受け

入れたのですが、最初は、その受け入れに十分に納得していたわけではあり

ません。

 そこで、「共に戦う侍」探しのテストが行われました。ここでは、戦う能

力とともに、人格も試され、リーダーのもとに、そのテストに合格した侍が

集まっていきます。

 雇われたお百姓さんが住む村に着くと、戦術を練るための現地調査と農民

の訓練が始まります。しかし、この侍たちの作戦会議のシーンは一度も映画

には登場しません。おそらく、練り上げた作戦を7人が十分理解し、その実

行のための農民訓練を遂行していったのだと思います。

 この過程で、7人の侍たちは、農民たちのための戦いでありながら、自ら

の戦いでもあるという認識を深めていきます。そして、圧倒的有利の作戦の

下で実戦を展開していきます。

 この映画の構図は、ブレイクスルー技術研究所が現在取り組んでいる阿智

村プロジェクトとよく似ています。また、ブレイクスルー技術研究所阿智

は、その拠点でもあり、そこを舞台にした作戦について、これから少し考察

を進めることにしましょう。