ブレイクスルー技術研究所阿智の開所式

  記念すべき「ブレイクスルー技術研究所阿智」の開所式の前日、2つのちょっとした出来事がありました。  

  その一つは、記者会見とブレイクスルー技術研究所と阿智村の協定書の締結式でした。

  前者には、8つの新聞各紙と1つのテレビ局がきて、会場は当方のメンバーを含めて満員となり、大変盛り上がりました。

  どうも記者のなかには、聞きなれない「○○研究所」との締結ということで、「いったい、それは何なのか?」と、ずいぶん怪しげに映ったようでした。

  そういえば、長野県ではいろいろなことがあったことを思い出しました。

  これは、私どものメンバーに、後になって、その時の感想を聞いたのですが、その怪しさに輪を加えて、私が壮大な構想を滔々と述べたので、記者さんは、ますます「怪しい」という思いを深めたとようでした。

ところが、次の質疑応答から、それが全く逆になったとのことでした。

そのやり取りを再現してみましょう。

「そのマイクロバブル装置というのは、いったい、どのくらいの費用で入れられる のですか?」(記者)

「いろいろなタイプがありますが、およそ2030万円前後というところでしょうか」(大成)

  私の同僚は、ここで記者のほとんどが、「えっ!」と思ったと推測したようでした。

なぜなら、その金額は、私の少々オーバーな説明からすると、少なくとも数百万円~1000万円ぐらいして当然だと思わせるものだったというです。

  事は複雑ですね、私がいくら丁寧に説明しても信用されないのが、この現実的価格を示すだけで、一挙に信用度を回復したというのですから、不思議なものです。

私としては、その話を信用していただいたのですから、真にありがたいことに違いはありませんでした。

  それが証拠に、翌朝の各紙には、ブレイクスルー技術研究所阿智設立の件がでかでかと報道されていました。

 信用されてよかったと思いました。

  よくよく考えてみれば、一度も聞いたことがない研究所名(これは、阿智村の方々が聞いたことがないだけでなく、日本中で、これまで誰も聞いたことがない研究所名ではあり、かれらが珍しがるのは無理もないことです)のもとに、「これから阿智村のために尽くします」といっても、そう簡単には理解されない、信用されない、これが普通のことであり、常識といえます。

  ところが私たちは、その意味で、あまりにも「非常識の研究所」を持ち込んだようでした。

 それでも、本音は、「派手な記事を書いていただいて、やれやれ」という思いで、「よかったな」という思いが湧いてきました。


kousokudo-1
    光マイクロバブル発生装置出口付近における光マイクロバブル群(高速度カメラ画像)