緑のなかで


 6月に入って、太陽の光も一段と温かみを増してきました。


 今日も、ここちよい晴れの日の朝でした。


 このところ、このブログ記事を近くにある公園の緑の中で書くことが多いことに気付きました。


 ここでよいのは、私が据わるベンチがいつも空いていることです。


 桜の木の下で、その影の下に、そのベンチがあります。


 さわやかな風にあたり、新鮮な空気を吸うことができますので、何ともいえないここちよさを感じます。


光マイクロバブル投手


 昨日は、また嬉しいことがありました。


 マイクロバブルがご縁のプロ野球投手が勝利したからです。


 今年は、昨年に比べて調子がよく、昨日の勝利でチームトップの6勝目をあげました。


 幸いにも、昨夜はテレビ中継がありました。


 彼の表情からすると、絶好調まではいかず、低めに集まらない球をなんとか工夫して投げる集中力が見ものでした。


 とくに、4回だったでしょうか、ノーアウト満塁のピンチを切り抜けた技量には、さすがと思わせるものがありました。


 ランナーを出してから、それを切り抜ける知恵の配給と技、その粘りの投球を続けていると、打者が逆転のホームランを打つ、そして一挙に試合を決める追加点を放つ、昨日は、この展開で、投げているご本人も、比較的ここちよさを覚えたことでしょう。


 この調子でいくと、今年は本人の最多勝利記録を塗り替えるかもしれませんね(つづく)。

puratanasu-55
             小学校(母校)のプラタナスの木