以前に、「ダム貯水池に5月の風渡る」という記事を書きました。その後、予定が変

更され、その装置を本日、ある池に設置してきました。今日は、昼から大変暑く、炎天

下で立っていると、少しでもくらくらしそうでした。とにかく、ものすごい暑さでした。

 この池は、水深5~6mで、100m×100mの広さがありました。この広大な池に

発生したプランクトンを取り除くのが目的で、超小型のマイクロバブル発生装置を合

計で18機、小型水中ポンプを3機配備したシステムですが、その特徴は、2,3人で

運べるほどに軽量化、小型化したことにあります。

 装置を設置し、18機すべての装置からマイクロバブルが発生していることを確認

しました。

 久しぶりに炎天下で現地作業を行い、心地よい労働をしました。装置の設置後に

木陰で休憩した時にも汗が噴き出してきました。

 真夏の空の下、湖面を涼しげに風が渡っていました。

J0335436